ホーム > mixiユーザー(id:26825206) > mixiユーザーの日記一覧 > あなたの見ている真実があり、人の見ていることも真実です。

mixiユーザー(id:26825206)

2019年08月21日05:09

16 view

あなたの見ている真実があり、人の見ていることも真実です。




あなたの見ている真実があり、人の見ていることも真実です。

真実は人の数だけ存在します。

そしてその全員の総和が
地球の真実という事になります。

あなたは今、
あなたの位置からしか
見えない地球を眺めています。


津留晃一

「真実」とは何でしょうか? 

そろそろ自分だけの真実を
見つけてみようではありませんか。

他人から教わった正しさではなく、
何かの本に書いてあった真実でもなく、

そして
これまでのあなたの体験から
学び取った真実でもなくです。

「真実って何だろうか?」
この想いに
意識の焦点レンズをあわせていきます。

ピントがあったところで
「真実」というイメージ文字を
あなたのハートの中心に据え付けて下さい。

そしてそのまま、
静かにそのイメージ文字に
意識を合わせ続けます。

そうしていると
いろんな想念が
わき上がってくるかもしれません。

その一つ一つに意識を合わせます。

「なるほど、なるほど、
そうかもしれない」と、
いったん受け取り流していきます。

浮かんできた想念をつかみません。

「そして、そして」と次をうながします。

しばらくそうしていると

自我さんの記憶の中にある
真実に対する概念が
おおむね上がってくるでしょう。

そしてもう上がってこなくなった
ところからが始まりです。

「私だけの真実について教えて下さい」
そのまま、その質問に
自分の全意識を傾けて下さい。

そしてその集中が途切れたとき、
その質問があなたの潜在意識下に
沈められた事になります。

後はハイヤーセルフが、
あなたを取り巻く
多くの宇宙のガイド達が、

全宇宙を駆け巡り、
真実を集めてきてくれます。

あなたが食事をとっている時も、
彼とのおしゃべりを楽しんでいる時も、
ぐっすり眠りっているときも、

いったん潜在意識の下に
沈めたあなたの欲求は

昼夜を問わず宇宙を駆け巡り
働き続けてくれるわけです。

そしてあなたは
その翌日から直感メッセージを
受け取り始める事でしょう。

「うそ」、「ほんと」。

「当たった」、「当たらない」。

こんな言葉について
考えてみる必要があります。

何気なく「嘘」という言葉を使いますが、
物事の真偽は必ずある条件下で
決定することの出来るものです。

1+7=10、この数式を見たとき、

この数式は
間違っているのか正しいのか
私には決定する事が出来ません。

8進数の計算式だと考えれば
正しいからです。

10進数という条件下に於いてのみ
この計算は間違いということが出来ます。

人は
それぞれ全く条件の異なった世界に
住んでいます。

ですから条件のわからない
相手の言っている事を
間違いと断定することなど出来ません。

「嘘」とか「本当」という物事の見方は、
あくまでも自分サイドに偏った
物事の捉え方に過ぎません。

何かを見聞きしたとき
「ああ、なるほど、そうなのですか」、

「あなたの位置からは
そう見えているのですね」

という捉え方こそが
遍在する意識人としての
物事の見方と言えるでしょう。

それでは事実とは何でしょうか。

「事実」とは
「今、あるがまま」の状態の事です。

私達はある状態を見た時、
認識を持ちます。

その認識は
あくまでもあなた固有の認識です。

そしてそれこそが
あなたが今そこにいる理由です。

あなたの認識は
かけがえのないものであり、

あなたにしか持てない
宇宙でたった一つの認識です。

ですからその認識の仕方に
正しいも間違いもありません。

高貴な認識も低俗な認識もありません。

あなたにとっては
その認識こそが
今の正しさであるはずです。

「この判断で正しいのか」
という発想は意味がありません。

あなたが自分の判断に
自信が持てないのは、

宇宙には真実は一つしかない
という考え方から発しています。

あなたの見ていることは真実であり、
隣の人の見ていることも真実です。

真実は人の数だけ存在します。

そしてその全員の総和が
地球の真実という事になります。

あなたは今、
あなたの位置からしか
見えない地球を眺めています。

あなただけにしか
捉えることの出来ない、

今のあなたの認識を大
切にして下さい。

あなたはその為に
今かけがえのない存在として、
この地球に存在しているのですから。





2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する