ホーム > mixiユーザー(id:2670797) > mixiユーザーの日記一覧 > 映画 「ジョジョラビット」

mixiユーザー(id:2670797)

2020年01月27日09:11

57 view

映画 「ジョジョラビット」

妻に付き合っての鑑賞で、倉敷のシネコンではやってなくて、
岡山、岡南(こうなん)の東宝系シネコンまで車で行っての。

小さな部屋で客は、20〜25人ほどだが、朝イチ(8時50分)から、
これだけ来てるのは田舎では◎だし、映画をよく知ってる客だし。
まあ、スカーレット・ヨハンソン見たさかもしれんけど。

映画館は、午前10時の名画祭で「アラビアのロレンス 完全版」を上映していたので、すこしシニア客がいたり。
この完全版、私は東京まで見に行ったわ。

ーーー

ジョジョラビット

時代はWW兇寮鐐菽罅▲疋ぅ弔粒垢涼罅
行方知らずの父の帰りを待つ母と子の二人暮らしの家が舞台。
10歳の子供ジョジョ(主人公)の頭の中には父の代わりに「ヒトラー」が居て、会話をしている。
彼にとってヒトラーは、父であり、そしてアイドルである。
叱咤激励をしてくれ、当時のナチスドイツの思想をがんがん植え付けられる。
映画は、その子がいきなりヒトラーユーゲント(ナチス少年隊)に入って軍事訓練をするところから始まるが、気合だけはあるのだが元々は優しい子なので、ついて行けずいじめられ手りゅう弾を持って走り、爆発して怪我を負い、ユーゲントからは離脱し
家に帰って、たいしたことのない仕事に従事ることになるのだが、
母が仕事で家にいない時、自分の家の中から音がしたのを探っていたら
なんと、母はユダヤ人の少女を壁の中に、かくまっていたことを知る。
その事実と
ユダヤは敵、という思想に挟まれていき、
そしてその街もロシア、アメリカ軍が迫りつつ、、

ーーーー

日本の松竹で言うと、「重喜劇」物であります。
重いテーマで中で笑わすパターン。

ドイツ物で子供が主人公と言うと、「橋」というのがあって
大戦末期に小さな橋を守り抜けと命令された少年兵たちの話、
や、ライフイズビューティフルとか、
ハリウッド物だと中国の日本軍収容所にいる少年の目から
戦争を描写した、スピルバーグの「太陽の帝国」とか、
このジョジョラビット
私は今まで、ホロコースト以外のドイツ戦争物をたくさんみて来たので、
全体の設定と子供が可愛すぎるのと、学校でのいじめ話で劣った奴をバカにするシーンなどは嫌だから、
全体の◎な評価できないが、細かいところのアイデアの積み重ねは上手い。

妄想の中に出てくるヒトラー役が監督自らってのがこれまた◎。
なんと、大友克洋の「アキラ」実写版の監督に決まってるとか。

そして、サムロックウェルが巧い。 
たまに出てくる、「いいドイツ人将校」ではあるが、
戦争で負傷し、片目になって戦争で活躍できず、少年兵の訓練所にいるだけで、
グレてる将校、って設定が◎。

音楽もキレイキレイ。

ってな映画でした。 

ただ、この映画、ユダヤ人はどう見るだろう、、ちょっと酷かもしれない。
でも、この監督はニュージーランド出身で、マオリ族の母とユダヤ人父の間に生まれた人だそうです。

「太陽を盗んだ男」を監督した長谷川和彦は、
「原爆」という題材にのみ過敏になって映画撮影中に抗議に来たある活動団体に対して、自分の「特別被爆者手帳」(胎内被曝)
を見せて説明し、納得させたという話があるのを思いだす。

1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月28日 00:57
    先週木曜日、同シネコンで『ジョジョ・ラビット』『リチャード・ジュエル』『パラサイト 半地下の家族』観てました。
    ポン・ジュノ監督作は先月の渡欧の帰途、一足先に機内で英語字幕で見てから3度目鑑賞。
    10年前のNY(下田逸郎遠征)帰途の機内、一足先に見た『第9地区』を見た時と同質の昂揚感がありました。
    でね、ジョジョ少年は『スリー・ビルボード』の撮影監督の息子さん。

    田舎のオバさんがシネコンで続けざまにサム・ロックエル観ちゃったよ。
    昨年4月に同シネコンで『バイス』観てて、彼がブッシュ大統領。
    狂気と暗愚と曖昧さと、表現し難いところを演じるに卓越してる。
    初めて彼を認識したのが『月に囚われた男』だったもんで…。



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月29日 01:37
    倉敷ねぼけ堂様

    一昨年の秋、ねぼけ堂様のお薦めのお陰でAmazonプライムで見た『ナポレオン・ダイナマイト』
    以下、KINENOTEからのコピペ
    2018/11/30

    倉敷ねぼけ堂さんのTwitter(Mixi日記)で知って早速Amazon。
    なんで知らなかったの、この映画。
    旧題『バス男』としては、話題になった当時から知っていたんだ。
    スクールカースト、ナーズ、プロム、そんな辺りをアメリカ映画で見知ってる62才映画バカ。
    『キャリー』ですわ、根底に。
    ハイスクール勝組、チアガールとアメフト男、日本の片隅の還暦過ぎオバ、どの映画も顔面相似形と思っとります。
    何だこのフェイントのかけ方!
    『電車男』があったから『バス男』となったのね。
    という具合に、ほうほう成程と留飲下げた気がする深夜の酔っ払い。

    こんな夜中にまだ呑んでるのに、『風の電話』観なくちゃいけない気がしてる。
    15年前、今は亡き神戸シネカノンで21時上映終了、そこからしゃかりきで帰途についた映画『カナリア』
    手前勝手に、何でだか不明だけど重なっちゃうんです。
    西島秀俊のせいか?
    モトーラ世理奈の声のせいか?
    『カナリア』で浜田麻里子を知った有難さ。

    後に米子のライブハウスで鈴木常吉に行った際、松江から駆け付けた彼女がおって弾き語りあったり、踊ろうマチルダがおってセッションされておったり、MAX果報者でありました。

    MOVIX倉敷の『ラブドール』 シネマタウン岡南の『his』
    それより『風の電話』を観なきゃと思う私の不思議。
    で、まだ呑んでる。

    明日はどっちだ



    11:35〜、観る為には10時前に出立しなきゃ無理。





  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月30日 02:22
    イオンシネマ岡山11:35〜、きっちり行っちゃった私は捨てたもんではないなと自己肯定。
    20数名の入り。
    久し振りにパンフレット買い求め読み耽った次第。
    『his』でも『ラブドール』でも他人事だったかも知れない事が『風の電話』にあったのだと思います。
    ただの映画バカ、還暦過ぎちゃえば残り時間とか問題あるし、真っ正直に攫われたいだけ。





mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031