mixiユーザー(id:26619206)

2021年02月13日21:34

14 view

乙女・男・象

昨日、北海道の旅3日目の日記です。
この日も1日、知床でした。

やっぱり昨日も、ぶらぶら歩いて知床自然センターへ。
フォト
前日と比べると、流氷もより寄って来ている感じでした。
フォト
プユニ岬からの景色も、ほぼ全面氷結という感じでした。
昔のようにずっとびっちりではないですが、逆に毎日日替わりの流氷の景色が見れるようになりました。
それはそれで面白いと思います。

知床自然センターから一昨日とは逆に、まずはフレペの滝に向かいました。
フォト
写真は撮れませんでしたが、キタキツネが走っていきました。
フレペの滝でスノーシュを履いて、進みました。

フォト
続いて、男の涙に向かいました。
男の涙の裏側の入江から見える知床岬、けっこうきれいに見えていました。
海側の景色は良さそうです。
フォト
流氷原も昨日とは違う景色です。
フォト
貸切の男の涙で小休止。
のんびり滝を眺めました。

鳥のさえずりを聞きながら、終点の象の鼻へ。
フォト
知床岬はばっちりでした。
しかし、知床連山はこの日も雲に隠れていました。
フォト
ここで、お昼ごはん。
コンビニのおにぎりですが。
誰もいなくて、この雄大な流氷原と景色。
貸切でこの景色を見ながらすごす時間は、最高の贅沢でした。

フォト
帰り道、ふと見るとすぐそばにクマゲラがいてびっくり。
フォト
クマゲラくんも、びっくりしたのでは。
2日続いて会えたのは、ラッキーでした。
森の中では誰にも会わず、知床独り占めの気分でした。
フォト
エゾシカたち。
フォト
流氷を見たり。
フォト
木に止まるワシを見たりしながら、ウトロに戻りました。

ワシが飛んできて、港の方におりるのが見えました。
フォト
行ってみると、やっぱりいました。
しばらく、観察。
ふと、見ると。
フォト
なんと知床連山がきれいに見えているではありませんか。
今回は連山は見れないとあきらめていましたが、最後に見ることができてうれしかったです。

ウトロ発17:00の最終バスで斜里に向かいました。
フォト
夕暮れの流氷原が、とてもきれいでした。
きれいな景色でしたが、なんとなくさびしい気持ちにもなりました。
まだまだ旅は続くのですが。

斜里に着いて、まずは焼きたてパンのお店「シャンボール」でパンを購入。
フォト
まだ大阪でも少なかった焼きたてパンを、30年以上前の斜里で始めたこのお店。
ずっとファンで、毎回買っているのです。

フォト
夜は、いつもの「北鮮」さんで一杯。
フォト
こちらも斜里に来たら必ず行くお店。
もう常連みたいなものですね。
昨日も楽しい夜を過ごしました。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する