mixiユーザー(id:26619206)

2020年09月15日21:55

20 view

羅臼湖

北海道の旅6日目、9月14日の日記です。

知床3日間の中で、天気の良い日に羅臼湖に行こうと思っていました。
なんせ、途中の道が泥だらけになるので。
朝起きたら、良い天気。
よし!今日にしようと、まずは知床峠に向かいました。

フォト
知床峠は快晴で、羅臼岳もきれいに見えていました。
フォト
国後島が、これまたばっちり。
これぐらいクリアに見えるのも珍しいほどくっきり見えました。
羅臼湖入口が駐停車禁止なので、1区間ですがバスに乗り換えました。

入口で入山届を書いて、出発です。
羅臼湖までは、途中4つの沼を経て行きます。
昔は5つの沼を通りましたが、道が変わり一の沼は通らなくなりました。

フォト
ということで、まず最初は二の沼へ。
行ってみて、びっくり。
なんと沼がない。
渇れているのです。
今まで何度も行っていますが、こんなことは初めてです。
今年の冬、雪が少なかったからなのでしょうか?

続いて、三の沼へ。
フォト
このコースで、一番景色の良いところと言っても良いでしょう。
沼の向こうに羅臼岳がそびえ立っているのです。
鏡羅臼とまではいかなかったのは残念でし
たが、とてもきれいな景色を見ることができました。
フォト
付近には、たくさんとはいきませんがウメバチソウも咲いていました。
かわいい花です。

フォト
四の沼・五の沼を通って行きます。
フォト
少し紅葉しつつあるところもありました。
秋の雰囲気ですね。
フォト
リンドウも、少しですが咲いていました。

1時間半ほど歩いて、終点の羅臼湖に到着。
フォト
着いた時は僕一人だったので、しばらくのんびり過ごしました。
30分ほど、ここの景色を独り占め。
良かったです。

他の人が来たので、バスの時間もあるので退散しました。
また、同じ道を戻ります。
フォト
途中の遊歩道から国後島がきれいに見えました。
国後島が見えるのを初めて知りました。
羅臼湖入口から、再びバスで知床峠へ戻りました。

昨日は、天気が良くて羅臼湖・羅臼湖への道の景色もすごく良かったです。
いつもは泥だらけになる道も比較的良く、ほぼ靴も汚れずラッキーでした。
とても楽しい、羅臼湖散策でした。

次の日記に続きます。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する