mixiユーザー(id:26619206)

2020年07月03日23:45

12 view

小清水原生花園

北海道の旅6日目、6月29日の日記です。

知床ウトロを出発して、人が少なかったのでオシンコシンの滝に寄りました。
フォト
なかなかすごい滝だと思いますが、普段は定番スポットなので人が多い。
わざわざ行かなくてもよいかと、通過してしまうことが多いのです。
この日は、のんびり滝を見ることができて良かったです。
フォト
個人的には、ここは海側の風景も良いと思っています。
根室の車石にも負けないほどの奇岩だと思います。

帰りも以久科原生花園に寄りました。
残念ながら、海の向こうに見えるはずの知床連山はさっぱりでした。
この日の天気では、仕方ないか。
フォト
エゾスカシユリは、数日前と比べて若干増えたかな。
フォト
やっぱり、全体的に今年は少ないと思います。
今年は不作の年なのでしょう。
それと引き換え、エゾフウロが今の時期では多いなという印象です。
フォト
前々から不思議に思っていることがあります。
この斜里の以久科原生花園には、エゾフウロがたくさん咲きます。
しかし知床では、エゾフウロは全く咲かずチシマフウロが咲いています。
逆に以久科原生花園では、チシマフウロは咲きません。
わずか40キロの距離、気候もそれほど大きく違うとも思えません。
混在しているところもないのですよね。
どこかで分布の境界があるようです。
なんでだろうといつも思っています。

斜里を離れて、続いて小清水原生花園に行きました。
フォト
小清水原生花園といえば、エゾスカシユリも多いですがエゾキスゲでしょうか。
ちょうど満開状態で、とてもきれいでした。
フォト
このエゾキスゲも不思議です。
学生の頃は、エゾカンゾウと言っていました。
いつからか、ここに咲く黄色のユリはエゾキスゲと呼ぶようになりました。
確かに、形とか色とか若干違うのですよね。
エゾキスゲは真っ黄色、エゾカンゾウは少しオレンジぽい色。
エゾキスゲの方が、形もシャープだと思います。
そしてこのエゾキスゲは、小清水原生花園とその周辺ぐらいしか咲いていないようです。
他の地域は、エゾカンゾウです。
なぜ、ここぐらいしか分布していないのでしょうか?
開拓者が、本州から持ち込んだ。
それが大きく広まった、なんてことはさすがにないか。
でも不思議です。

フォト
小清水原生花園では、滅多に来ないJRの列車も見ることができました。
流氷物語号の車両でした。
フォト
他にも、エゾカワラナデシコ。
フォト
ハマハタザオ。
他にも、様々な花を見ることができました。
フォト
トーフツ湖側には、ヒオウギアヤメももちろん咲いていましたが、ノハナショウブもたくさん咲いていました。
フォト
蝶がたくさん交尾をしていました。
そういう季節なのでしょう。
小清水原生花園も、いろいろな花と出会えてとても楽しめました。

その後は、常呂に行きお昼ごはんにしました。
次の日記に続きます。

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する