mixiユーザー(id:26619206)

2019年05月13日06:51

112 view

アポイ岳

昨日は、高山植物の山・アポイ岳に登ってきました。

広尾を出発して、えりも方面に進みます。
朝から快晴の良い天気。
まずは、途中のフンベの滝に寄りました。
フォト
海岸の道沿いにある滝で、なんだか気持ち良い。
比較的大きな滝が3つ、小さな滝がいっぱいありました。
フンベの滝は、大きな滝のどれかなのでしょうか?
それとも全体の総称なのでしょうか?
フォト
エゾノリュウキンカも咲いていました。
海の景色がとてもきれいでした。

黄金道路を走ります。
この辺で金が採れるとか、金色に輝いた地層とかではなく、作るのにものすごくお金がかかったからこの名がつきました。
風景はきれいなはずですが、トンネルが多いのが少し残念。
フォト
まだ季節は早いので本格的ではないと思いますが、昆布も少し干していました。

アポイ岳登山口には、10:00過ぎに到着。入山届を出して、登山開始です。
まずは、一合目付近。
フォト
オオサクラソウが、これでもかというくらいたくさん咲いていました。
すごくきれいで見とれてしまいます。
フォト
どれだけあるの?って感じでした。

オオサクラソウに見とれていたのですが、ふっと足元を見るとシマリスくんがいました。
フォト
花ばっかり見んと、僕の方も見んかいなと言わんばかりでした。
彼は、全然逃げません。
人慣れしているのかな。

フォト
しばらく行くと、今度はヒメイチゲがたくさん咲いていました。
もちろん、オオサクラソウもちょこちょこあります。
森林の中を歩いて、五合目に到着。

五合目には、無人の山小屋があります。
この辺が森林限界になっていました。
天気が良いので、景色も抜群。
ここから、ゴロゴロしたかんらん岩の道を進みます。

フォト
アポイアズマギクがぽつぽつ咲いています。
フォト
薄赤紫色の花もありました。
上に登るにつれ、どんどん増えて行きます。
フォト
振り返れば、景色もきれい。

フォト
しばらく歩くと、今度はサマニユキワリがいくつも咲いています。
ピンクでかわいい花です。
もちろん、アポイアズマギクもたくさんあります。
フォト

他にも、エゾムラサキツツジ。
フォト
なんだかすごく目立つ黄色の花、エゾキスミレ。
フォト
他には、アポイタチボソスミレなんかもたくさん咲いていました。
色々な花を見ていると、なかなか前に進めません。
フォト
テンション上がりまくり。

よい時間になったので、馬の背でお昼ごはんのおにぎりを食べました。
馬の背を越えると、ヒダカイワザクラもけっこうありました。
フォト
楽しくてしょうがない。

やっとのことで、頂上に到着。
フォト
のんびり歩きすぎですね。
このアポイ岳の頂上は、木がはえています。
なので、景色はイマイチ。
でも考えてみると、不思議です。
森林限界を越えて、高山植物が咲く場所の上に樹林帯。
こういう山は、ちょっとないのでは。
アポイ岳は、やっぱり不思議な山です。

帰りも、花をのんびり見ながら下山。
フォト
どんどん追い抜かれていきます。
どうせ、えりも泊りですから慌てる必要もありません。
入山届を見たら、最後の下山者になっていました。
16:05頃でしたが。

フォト
届を書いていたら、すぐ後ろをキタキツネが歩いていました。
振り向いたらすぐに逃げましたが、なんだか間抜けな逃げ方でした。
近くの桜などを見て、えりも岬に向かいました。

ちょこっと、えりも岬にも寄りました。
フォト
ゼニガタアザラシを探すも、岩礁の上にはカモメばかり。
海を泳いでいるものは見ましたが。
潮が満ちていたから、岩の上にはいなかったのでしょう。
また明日と、えりも岬近くの宿に向かいました。

アポイ岳は久しぶりでしたが、本当に良い山でした。
高山植物の宝庫といわれますが、その通り。
様々な花を楽しめました。
今度は6月ぐらいにも来てみたいけれど、ちょっと遠いのですよね。

今日は、えりものお気に入りスポットの豊似湖に行こうと考えています。
そして、この旅最後の宿・屈斜路湖畔の三香温泉まで走ります。




2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する