mixiユーザー(id:26619206)

2019年05月12日08:21

71 view

男の涙・象の鼻

一昨日の日記です。

お昼ごはんを食べたら、けっこう本格的に雨が降ってきました。
どうしようかとも思いましたが、やっぱり知床で一番大好きな場所に行くことにしました。

ぶらぶらと、森や草原を歩きます。
フォト
エゾエンゴサクも、ちょこちょこ咲いていました。
なんとなく、毎年少しずつ増えている印象です。
フォト
木々を見ると、芽吹きや新緑がすごくきれい。
今の時期の森は、本当にきれいだと思います。

フォト
男の涙の滝に到着。
フレペの滝は水が少ない感じがしましたが、こちらは平常かな。
フォト
しばらく、のんびり滝を眺めました。

また森の中を歩いて進みます。
フォト
桜があちこちに咲いていて、それがまたすごくきれい。
花びらの色が、なんともいえず美しい。
こんなにきれいな桜はないでしょうという感じです。
フォト
いつもの、シンボルの木にもあいさつ。

森を抜けて、象の鼻に到着。
フォト
さすがに、天気が悪いので知床岬は見えず。
まあ、予想していたし仕方ない。
考えてみたら、ここには100回以上来ていますが、岬が見えなかったことなどほとんどなかったと思います。
ある意味、貴重かも。

フォト
出口のところに、立派な桜が咲いていました。
この木が、またすごくきれい。
花の色もすごく良い。
この季節は、この桜も見ないとね。
フォト
エゾエンゴサクもたくさん咲いていました。
あまり見ない白いものもありました。
フォト
森の方を警戒して眺めているエゾシカがいました。
もしや、ヒグマが近くにいるのかもと僕も緊張しましたが、やがて草を食べ始めたのでホッとしました。

いつもは、象の鼻で1時間ぐらいぼーっとするのですが、生憎の雨。
フォト
ちょっとその辺をうろうろ。
フォト
クマゲラやキツツキの食痕を見たりしつつ。
奥の入江まで歩いてみました。
フォト
こちらの方も、エゾシカが何頭かいて、のんびり草を食べていました。
フォト
彼らは、何しにきたのって顔をしていました。
フォト
桜の木の下をエゾシカが歩いて行くのを見たりしつつ、過ごしました。
のんびり鳥たちを見たりして、知床自然センターに戻りました。

午後は、ずっと雨。
そして、けっこう寒い一日でした。
知床峠や知床五湖では、雪も降ったとか。
でも、雨の知床の森も良いものです。
植物は、雨の日はより生き生きしている感じがします。
晴れた日の桜も良いけれど、雨の日の桜もまたきれい。
知床連山も知床岬も見えませんでしたが、けっこう楽しめました。
雨だけど、歩いて良かった。

知床自然センターで、職員さんと少しお話して、ユーカラの父さん・母さんのところへ行きました。
なんとハンゴンソウの天麩羅を食べさせてもらいました。
ハンゴンソウって、夏にたくさん咲いているあのハンゴンソウです。
エゾシカが食べないから、ものすごく増えたあの花です。
あれが食べれるとは初めて知りました。
昔は、けっこう食べたそうです。
今の季節の若芽は食べれるとのこと。
ちょっと苦味はありますが、なかなか美味しかったです。
貴重な体験でした。

天気はイマイチでしたが、知床を満喫した楽しい一日でした。








1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 12:20
    ハンゴウソウって春菊の味に似てるって噂聞くけど どうなのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年05月12日 19:08
    > mixiユーザー 
    確かに、そうかもね。
    ハンゴンソウと聞くとえって思うけれど、なかなか美味しかったですよ。
    春限定ですが、カネゴンさんも是非一度お試しあれ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する