mixiユーザー(id:26619206)

2019年05月11日23:38

81 view

ペレケ川・オロンコ岩

昨日の日記です。

一昨日はあれだけ晴天だったのに、朝からどんよりした曇り空。
まあ、仕方ないですね。

知床横断道路が10:00にならないと入れないので、まずはペレケ川河畔へ行きました。
フォト
ペレケ川は、ウトロ温泉バスターミナル横を流れる小さな川です。
しかし、秋にはたくさんのカラフトマスやシロザケが登る川でもあります。
とても観察しやすいので、鮭の遡上を見る穴場だと思います。
今の時期は、当然鮭はいません。
でも、意外と花がたくさんある場所でした。

まずは、河畔に咲く桜。
フォト
フォト
オオバナノエンレイソウもけっこう咲いていました。
フォト
勝手な印象かもしれませんが、オオバナノエンレイソウは十勝や日高ではたくさん見ますが、網走地方は少ないような気がしています。
知床にも、そこそこあるのですね。
フォト
フォト
エゾエンゴサクもたくさん咲いていました。
フォト
フォト
他にはニリンソウなど、いろいろな花が咲いていました。
フォト
フォト
フォト
花を見にここに来る人はほとんどいませんが、花を見るにはなかなか面白い場所でした。

続いて、オロンコ岩にも登ってみました。
フォト
昔は、知床にもあちこちに花が咲いていましたが、エゾシカが増えてほとんどなくなってしまいました。
エゾシカの駆除が進んで来て、本当に少しずつですが回復傾向にはあります。
でも、無くなったものの復活はなかなかです。
しかし、このオロンコ岩の上にはエゾシカは上がって来ないので、ここだけは原生花園が残っています。
シーズンには、いろいろな花が楽しめます。

今頃は、どうかなと行ってみました。
フォト
フォト
いろいろな植物の芽吹きが始まっていました。
フォト
エゾエンゴサクはけっこう咲いていましたが、そろそろ終わりかな。
フォト
キバナノアナマも、少し咲いていました。
フォト

本当は景色も知床連山が見えたりしてきれいなところですが、生憎曇りで山は全く見えず。
フォト
カモメが仲良くいました。
フォト
話は変わり、ウトロという地名は、ウトロチクシというアイヌ語から来ています。
その間をわれわれが通るところという意味だとか。
フォト
その場所が、ゴジラ岩とその隣の岩の間らしいです。
今は通れませんが、上から見るとなるほどという感じがします。。
ゴジラ岩の隣の岩には、カモメがいっぱい。
巣作りをしているのでしょうか。

オロンコ岩を降りて、次に進みました。
次の日記に続きます。


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する