mixiユーザー(id:26603498)

2019年12月11日22:20

103 view

“警察国家”になりかねない――。

“警察国家”になりかねない――。


宮内庁は10日、17日に退任する山本信一郎長官(69)の後任に警察庁出身の西村泰彦次長(64)を充てる人事を発表した。ほとんどの国民は気付いていないだろうが、いつの間にか、警察官僚出身者が政府の主要ポストを次々に押さえ始めている。

  ◇  ◇  ◇

 西村氏は東大法学部を卒業後、1979年に警察庁入庁。警備局長や警視総監、内閣危機管理監などを歴任し、2016年9月に宮内庁次長に就任した。ちなみに、中学から野球を始め、三重県立伊勢高の野球部で主将を務めた。当時、「球児と文通したい」との雑誌投稿をキッカケに知り合った大分県の女子高生が、現在の妻だという。

 西村氏が抜擢されたのは、「官邸と皇室とのつながりを強化するため」(官邸事情通)とみられているが、今年7月には環境省の外局である原子力規制庁の長官にも警察庁出身の荻野徹次長(当時)が着任したばかりだ。



■防衛費5.3兆円規模=過去最大、補正は4200億円
(時事通信社 - 12月11日 17:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=5898076
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する