mixiユーザー(id:26450852)

日記一覧

「アウティング」で自殺図るhttps://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5769396しかしこの大阪府吹田市にあるこの病院の病院名はなぜ公表されないのだろうか。そもそもその病院ではなにゆえに爛▲Ε謄ング瓩鮃圓ι要があったのだろうか

続きを読む

今になって思うと
2019年08月30日13:47

今から思うと、母にとってわたしがひとり暮らしをはじめるということは衝撃的なことだったろうと思う。わたしは何かあると、すぐに母に相談していた。わたしは本当に爐母さんっ子瓩任△辰拭だから東京出張時はいつも新幹線の新大阪駅まで送ってくれていた

続きを読む

ヘイト知事・小池百合子
2019年08月30日12:58

(社説)96年前の虐殺 追悼拒む都知事の誤り 96年前の関東大震災の混乱の中、日本で暮らしていた多くの朝鮮人や中国人が、住民の「自警団」や軍、警察によって殺害された。その追悼式に、小池百合子・東京都知事は今年も追悼文を送らないと表明した。 

続きを読む

国の障害者雇用率 法定下回るhttps://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5766621そもそも健常者といわれる官庁職員にとって狆祿下塰…蠍柩冦┃瓩箸浪燭世蹐Δ。わたしは長年民間企業人事部で障害者雇用を担当し、未達成の関連会社等に

続きを読む

■演説中に抗議受けた文科相「大声出す権利保障されない」(朝日新聞デジタル - 08月27日 12:10)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5764219(社説)文科相発言 異論排除を助長するな ヤジを飛ばした市民の排除を是認するかのよ

続きを読む

将基面貴巳著『愛国の構造』(岩波書店)と『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)を読む。この『愛国の構造』と『日本国民のための愛国の教科書』とは、前者が爛僖肇螢ティズム瓩亡悗垢詼楹陛な欧米の思想史的研究書であるのに対して、後者は

続きを読む

猝瓦里覆の出来事
2019年08月27日14:27

昨日、ヘルパーさんに、「我慢してはると思いますよ、本当に頑張ってはる」と言われた。爐母さん子瓩任△襪錣燭靴母が亡くなってもなお、これまでと変わらない生活を送っていることに、ヘルパーさんがそう言ってくれた。「強くなられたんだと思います。そ

続きを読む

今日、久しぶりにジュンク堂書店大阪本店に行く。 将基面貴巳著『愛国の構造』(岩波書店)『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)安田浩一著『愛国という亡国』(河出新書)等、牋国瓩箸いΩ斥佞鯣稟重に考察しようとする書籍を買い込んでくる

続きを読む

米と連携し地域の平和と安定を確保=韓国の協定破棄で安倍首相https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=5759123 1937年の夏、盧溝橋で日中が軍事衝突したとのニュースは、瞬く間に日本国内に広がった。日常風景の変化を切り取った

続きを読む

■昭和天皇、戦争の「反省」表明望んだ 詳細記録見つかる(朝日新聞デジタル - 08月19日 22:22)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5753991故・田島道治の「拝謁記」からは、『大日本帝国』下における天皇制という問題が浮き彫り

続きを読む

昨夜、大阪は台風の影響で雨の音がひどかった。そんな雨の音のなかでぼんやりと母とのことを考えていた。そもそもわたしが大谷大学で西谷啓治先生の下で西洋哲学を専攻し、大学院にまで進んだのは原野栄二先生のおかげであるのだが、その原野先生との出会いを

続きを読む

(天声人語)事変おこりて…… 1937年の夏、盧溝橋で日中が軍事衝突したとのニュースは、瞬く間に日本国内に広がった。日常風景の変化を切り取った短歌がある。〈事変おこりて客足たえし支那人床屋ニユウスの時をラヂオかけ居り〉日比野道男▼中国人の床

続きを読む

闇は闇で照らす
2019年08月13日13:04

折々のことば:1549 鷲田清一闇や沈黙や混沌は、徒(いたず)らに負のイメージを押し付けられている (山折哲雄)    ◇ 「闇は、光では照らし出せません。闇を闇で照らすことが、宗教や文学の役目なのでは」との作家・柳美里の言葉に、宗教学者は

続きを読む

妹の号泣
2019年08月12日08:29

先週の火曜日、斎場で介護タクシーを待つ間、わたしは最後まで母の面倒を見てくれていた下の妹に、 「お母さんに何度か、爐錣燭靴呂△鵑燭鮗衒したくはなかった瓩筏磴れてな」と話したとき、 妹は突然泣き出して、 「わたしはお母さんに寂しい思いをさせ

続きを読む

父の初盆の法事に
2019年08月10日12:26

今日は、昨年12月に亡くなった父の狃號瀚〕廰瓩仏壇がある下の妹のマンションで営われる。ただ妹の部屋は、母が使っていたベッドや子どもたちの学習机などで溢れかえって、わたしが椅子に腰かけるスペースがない。したがって今日の猊磴僚號瀚〕廰瓩砲老

続きを読む

母の遺骨箱を抱いて
2019年08月07日12:50

母が8月4日に亡くなった、享年、82歳母は自分で血液を作れないという難病を長年患っていた。そこに6年前にに乳癌となり、その癌が肺に転移もしていたという。昨日、母の告別式を滞りなく終える。「皆愛宥和信女」 母の戒名である。 臨済宗妙心寺派の僧侶

続きを読む

折々のことば:1535 鷲田清一  存在は与えられているのであり、いつ奪われてもおかしくない (関根清三)     ◇ 神による世界創造という考えを否定しても、それが人に与えられているという事実は残る。そしてさらに重要なのは、与えられたもの

続きを読む