mixiユーザー(id:26450852)

日記一覧

「マイスター・エックハルトを初めとしてすべての徹底せる神秘達は、まさにかかる〈我性〉からの離脱に究極的自由を求め、それを実現した。偉れた仏教者の場合も同様である。それに対してシェリングの『自由論』の中には〈我性〉の死滅について語られた箇所が

続きを読む

昨夜の小池百合子の会見
2020年03月26日12:10

■東京、週末の外出自粛要請「感染爆発の重大局面」(朝日新聞デジタル - 03月25日 20:34)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6022256昨夜、東京都知事小池百合子の緊急会見を見ていたが、はっきり言って拍子抜けをしてしまった。

続きを読む

諸岡道比古著『人間における悪― カントとシェリングをめぐって―』(東北大学出版会)を読む。 諸岡道比古氏は、次のように書いている。「この悪の克服に関するシェリングの考え方は、カントが根本悪の克服において示した考え方と極めて対照的である。つまり

続きを読む

■首相、東京五輪の延期容認 「中止は選択肢にない」(朝日新聞デジタル - 03月23日 10:02)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6018618世界中が新型コロナウイルスによる爛僖鵐妊潺奪畩態にあるにもかかわらず、「(五輪は)

続きを読む

ふっと気づいたことであるが、親鸞の牋人正機説瓩蓮悪人を悪人のままで阿弥陀如来が救済するということで、別に悪人を善人に回心されるということではないのだ。カントが『単なる理性の限界内における宗教』で論じた根本悪は、完全なる道徳的理性的存在者

続きを読む

創文社刊行『ハイデッガー全集』の刊行引き継ぎに関するプレスリリース『ハイデッガー全集』継続刊行と既刊書の提供について株式会社 創文社・一般財団法人 東京大学出版会2020年1月31日 『ハイデッガー全集』はドイツで刊行中の同全集(全103巻)の日本語版

続きを読む

相模原殺傷、植松被告に死刑https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6010748(社説)「やまゆり」判決 問い続ける責任 社会に 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件で、横浜地裁は殺人などの罪に問われた元職員

続きを読む

薗田担著『無底と意志―形而上学 ヤーコブ・ベーメ研究』(創文社)第七論文「ベーメとシェリング―神・自然・無底をめぐって―」を読む。薗田担氏は、「ベーメとシェリング―神・自然・無底をめぐって―」という論文を次のような問題提議をしている。「では

続きを読む

先週の木曜日の午前中、生活保護受給の説明及び生活保護費支給のために区役所に行ってくる。 生活保護受給の説明が約1時間ぐらいあり、「生活保護のしおり」という小冊子を冒頭から最後の一頁までケースワーカーのMさんが読め上げてくれた。まあ、生活保護を

続きを読む

 「むろんごく常識的に、いわゆる中世的世界と精神にとって、すべての照準は神に合わせられ、ここから眼差しはもっぱら天上的世界へと注がれ、この地上的世界は軽視され捨離されるべきとみなされてきたのに対して、ルネサンス期になると逆にこの現実の世界、

続きを読む

昨日、区役所より生活保護受給の決定が降りるという連絡がある。 早速、今週の12日の木曜日、午前中に区役所に行き、生活保護受給の説明を受けてくることになる。また障害者相談支援センターの担当者とヘルパーさんに同行してもらうことになる。とくに障害

続きを読む

薗田担著『無底と意志―形而上学 ヤーコブ・ベーメ研究』(創文社)第4論文「J・ベーメにおける創造と悪の起源」を斜め読みする。ベーメの初期の『アウローラ』は、まさしく「悪の問題」あるいは「悪の起源」を主題としている。いや薗田担氏によれば、ベーメ

続きを読む

薗田担著『無底と意志―形而上学 ヤーコブ・ベーメ研究』(創文社)第一論文「J・ベーメの生涯と事績」第七論文「ベーメとシェリング―神・自然・無底をめぐって―」を斜め読みする。ヤーコブ・ベーメの名前は知っていたが、どのような障がいを送った人なのか

続きを読む

先月2月18日、作家の古井由吉さんが亡くなった、82歳であった。わたしが古井由吉さんの作品で読んだのは、『神秘の人びと』(岩波書店)だけである。しかし日本の作家が中世神秘思想をテーマにエッセイを書いたことに何かしら驚きをもって、今はなき大阪

続きを読む