ホーム > mixiユーザー(id:26450852) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:26450852)

日記一覧

武内義範先生の『教行信証の哲学』(法蔵館2002年版)を再読する。この『教行信証の哲学』はかつてわたしがまだ大谷大学の大学院生だった頃に、盲腸の手術で入院していた頃、病室で読んだことがある。その時は、1941年刊行の弘文堂の教養文庫版であった。武内

続きを読む

甘利経済再生相、辞任を表明http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3825624今回の甘利明の大臣辞任に追い込んだのは、「週刊文春」のジャーナリズムの精神による。つまりこの国には、国家権力に抗うマスメディアがまだ存在していたとい

続きを読む

岩波書店刊行の月刊雑誌『思想 二月号』に橋本崇著「シェリングと親鸞―武内義範『教行信証の哲学」を手かがりして」という論文が掲載されるらしい。 早速、ジュンク堂大阪本店に電話をして、『思想 二月号』が入荷しているのか否かを問い合わせてみた。し

続きを読む

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3819190今回の宜野湾市長選挙が意味していることは一体何だろうか。それは、やはり「辺野古沖米軍基地建設の是非」という一つを焦点化した住民投票を行わねばならないということだ。これまでの安

続きを読む

■A級戦犯「犯罪人と言うのは抵抗」=自民・稲田政調会長、東京裁判で発言(時事通信社 - 01月22日 21:01)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3816752昨日のBSでの稲田朋美が出演していた番組を見ていて、昭和天皇が犹爐両沖瓩砲

続きを読む

■甘利氏の説明聞き判断=金銭疑惑めぐり高村自民副総裁(時事通信社 - 01月23日 13:01)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3817513今回の甘利明の金銭授受問題で思ったことは、やはり政治家の危機管理と金銭感覚である。『週刊文春』

続きを読む

■安倍首相、「反知性」批判に猛反発=参院決算委(時事通信社 - 01月21日 19:01)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3814726 民主党は「立憲民主党」と党名を改めてはどうか。評論家の佐高信さんが提案した。戦後、立憲を名乗る政党

続きを読む

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3814003首相「改憲」発言 改正ありきは慎まねば 安倍晋三首相が夏の参院選で憲法改正を争点に掲げる方針を鮮明にしたが、どの部分の改正が必要か必ずしも明確ではない。国民の命運を左右する憲

続きを読む

本日、ネットでの岩波書店のホームページに「2月の新刊案内」が掲載されていた。実は、わたしはその岩波書店の新刊案内を見ることを楽しみにしている。 岩波書店の「2月の新刊案内には、「岩波文庫リクエスト復刊リスト」も掲示されていた。今回は「ヘーゲ

続きを読む

■参院改憲派「3分の2ない方がよい」46% 世論調査(朝日新聞デジタル - 01月19日 09:21)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3810054今年の夏の国政選挙(参議院選挙、あるいは衆参同日選挙)の大きな焦点の一つが「憲法改正問

続きを読む

先日より、青木敬麿師の『善導和尚』『念仏の形而上学』を読んでいて、改めて倏以申さんと思い立つ心のおこるとき瓩箸呂いなる時なのかということを考えるようになった。西田幾多郎はその著『善の研究』において「宗教的要求」を次のように書いている。「

続きを読む

■自民、LGBT勉強会設置へ 差別解消目指す(朝日新聞デジタル - 01月15日 09:47)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3804314(風 バンコクから)LGBT、「寛容さ」の裏で 大野良祐  タイを訪れる外国人の多くは、多様な

続きを読む

■慰安婦「職業としての娼婦」 自民・桜田氏、発言後撤回(朝日新聞デジタル - 01月14日 17:53)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3803375人間が動物でなく人間であるゆえんは、自らの力の不足を知ることでなければならぬ。力の不

続きを読む

青木敬麿が『善導和尚』(南窓社)で問題としたのは、浄土教における信とは何かということであった。青木敬麿にとって浄土教における狄瓩砲弔い銅,里茲Δ暴颪い討い襦「信じるとはどういうことであろうか。単に信頼という如き相対的な意味ではない。通仏

続きを読む

出産適齢期 新成人に市長期待http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3798544千葉県浦安市の松崎秀樹市長が浦安市の東京ディズニーランドで開催された成人式の祝辞で、「人口減少のままで今の日本の社会は成り立たない。若い皆さんにおお

続きを読む

ヘイト集会拒否へパンフ作製http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3796841(社説)「偏り」攻撃 批判封じは間違いだ 「偏っている」 この言葉が、現政権と異なる考えや批判的な意見を強く牽制(けんせい)する道具になっている。 

続きを読む

青木敬麿の念仏論を考えていくうえで、『念仏の形而上学』(南窓社)は欠くことができないと云うことは言うまでもないであろう。しかし青木敬麿はそもそも仏教、とりわけ浄土教をどのように考えていたのであろうか。青木敬麿は、京都帝国大学文学部哲学科で西

続きを読む

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3795440中継を視聴していて驚いた方もおられただろう。昨日の衆院予算委員会のトップバッター、自民党の新藤義孝氏が切り出した。「平成28年が明けました。伝統的な数え方でいえば皇紀(こうき

続きを読む

わたしの手元には、同人誌『河』の第一年から第十二年までの、計九二冊がある。生前、恩師・原野栄二先生からお預かりした雑誌の中で、先生が最も大切にしていた雑誌をお預かりしたものである。しかし原野先生は何故わたしにあのような雑誌を預かるようにとさ

続きを読む

須藤訓任先生のことども
2016年01月06日14:33

このミクシィに「須藤訓任」というコミュニティがあるということに驚いた。なぜなら、須藤訓任先生とは、須藤先生が大谷大学文学部哲学科西洋哲学分野専任講師になられた頃からの知り合いであり、未だに親しく年賀状のやり取りをさせていただいている哲学の先

続きを読む

「イスラム国」には、欧米の若者が多く流入していることが問題となっている。では何故欧米の若者たちが「イスラム国」をめざすのであろうか。言うまでもなく、「イスラム国」をめざす若者たちが爛ぅ好薀犇掬稔瓩世韻妨造辰刃辰任呂覆ぁ「キリスト教徒」の多

続きを読む

学生証に「心の性」の通称名http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3789001北九州市立大が始めた、性同一性障害(GID)の学生の要望を受け、「心の性」に沿った通称名使用を認める制度が全国の大学や教育機関、さらに公的機関や民間

続きを読む

わたしの手元には、松原祐善・寺川俊昭編『定本清澤満之文集』(法蔵館)がある。わたしがこの『定本清澤満之文集』を購入したのは、大谷大学短期大学部仏教科の二回生の頃かと思う。その前に『我が信念(我、かくの如く如来を信ず)』という小冊子を買って読

続きを読む

年のはじめに考える 社会の「壁」消える日へ ことし、障害のある人たちは歴史的な節目を迎えます。生きづらさが和らぎ、障害のない人たちと同じ地平に立てる社会へ、改革がはじまるからです。 最近、サービス産業を中心にして急速に普及している民間資格が

続きを読む

わたしが大谷大学短期大学部仏教科に在籍していた頃、必須科目の一つに「真宗史」という講座があった。担当は、日本仏教史の名畑崇教授であった。その名畑崇先生が「真宗史」の最初に授業で「浄土真宗」という名称を一番最初に用いたのは誰なのかという質問を

続きを読む

■首相、衆参同日選も視野 今夏、憲法改正にらみ(朝日新聞デジタル - 01月01日 08:46)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3785140社説[辺野古正念場]安保政策 根本から問え(沖縄タイムス2016年1月1日) 名護市辺野古の新基地建

続きを読む

■1億総活躍へ「挑戦の1年」=安倍首相年頭所感(時事通信社 - 01月01日 01:01)http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3784904今年の3月11日で東日本大震災発生、丸5年目を迎える。しかし、福島県には未だ仮設住宅で暮らす人が10

続きを読む