ホーム > mixiユーザー(id:26450852) > mixiユーザーの日記一覧 > 海野福寿著『韓国併合』(岩波新書)―東アジアにおいて賢明な外交政策を取っていくために

mixiユーザー(id:26450852)

2019年10月14日12:55

22 view

海野福寿著『韓国併合』(岩波新書)―東アジアにおいて賢明な外交政策を取っていくために

昨日、友人に自動車で淀屋橋オドナまで連れて行ってもらい、淀屋橋オドナのなかにある文教堂書店淀屋橋店で、海野福寿著『韓国併合』(岩波新書)を買ってくる。

この海野福寿著『韓国併合』は、出版元である岩波書店で品切れ状態にあり、しかもジュンク堂書店系列の支店でも在庫を持っている店舗寝なかった。ただ、文教堂書店系列の支店で在庫を持っている店舗があり、その支店から淀屋橋支店に取寄せてもらったのである。

狡用工疚簑螳聞漾∪鏝綺念の状態にある日韓関係であるが、そもそもの原因は日本の韓国併合にあり、日本の植民地支配に対する事後処理にあることは言うまでもない。

安倍政権やネトウヨ文化人は、テレビなどでも1965年の「日韓基本条約」において一切は解決済みだという。しかしあの「日韓基本条約」は国家間の賠償問題に関する条約であって、個人賠償問題は含まれないという法的解釈もある。韓国の最高裁はその解釈に基づき、日系企業に対して賠償を求めただけなのである。

爍隠坑僑鞠の「日韓基本条約」において一切は解決済みだ瓩箸茲安倍政権やネトウヨ文化人は言うが、では1951年から始まる日韓会議とはどのようなものであったのか。韓国側は朴軍事政権成立まで一貫して日本の植民地支配に対する犲婪瓩版綵瓩魑瓩瓩討たが、日本政府はそれらを拒絶し続けてきた経緯がある。朴軍事政権成立後、朴正煕は自らの政権の正統性を韓国国民に知らしめるために、大幅な経済政策を行い、そのための資金を日本政府から犲婪瓩版綵瓩梁紊錣蠅法経済援助として多額な資金を引き出すことに成功したのである。つまり日本政府は一度も植民地支配に対する犲婪瓩版綵瓩蝋圓辰討い覆い里任△襦

もっと言えば、朴正煕が韓国大統領の座につけたのは民意によるものではなく、軍事クーデターによるものである。つまり韓国国民にとっては自分たちの意思とは全く異なる形で国家のトップに立ち、軍事独裁体制を取り、自分に反対する民意を徹底的に弾圧した政権なのである。韓国国民にとっては到底認められえない政権であり、そのような政権が日本政府と結んだ条約に対する感情も決していいものではあるまい。日本政府がやるべきことは、韓国での軍事独裁体制が終わり、完全な民主政権が誕生した時点で改めて「日韓均条約」の締結を検討すべきであった。それが植民地の宗主国としての取るべき態度だったのではないだろうか。

よく「韓国併合」は合法的であったという見解を聞くが、何をもって犢臻‥瓩箸いΔ里任△蹐Δ。朝鮮総督府庁舎は朝鮮王朝の王宮敷地内に建設されたという。韓国人の猗親感情瓩慮彊はそんなところにあるのではないだろうか。例えば、戦後敗戦後の日本統治のためにGHQが皇居内に司令部を建設していたら、果たして今のような米国に対する狄栃董β以騰甍媼韻脇本人は持てたであろうか。そこに王室を持たない米国の日本の歴史、皇室に対する日本人の感情などを学習してきた成果があったように思える。それに対して韓国併合後の皇室を持つ日本政府のお粗末さが浮き彫りになる。ではなぜ日本はそのようなお粗末さを行ってしまったのであろうか。

わたしは、趙景達著『近代朝鮮と日本』『植民地朝鮮と日本』(いずれも岩波新書)で犂攅駟珊膈畫宛紊猟鮮通史は読んだが、もう少し犂攅駟珊膈瓩貌嘆修靴申饑劼鯑匹澆燭い隼廚ぁ海野福寿著『韓国併合』にたどり着いた。趙景達氏は犧瀑コリアン瓩箸いξ場から近代朝鮮史を書いていた。では日本人として犂攅駟珊膈瓩箸浪燭世辰燭里。そのあたりを少し考えてみたくなって、この海野福寿著『韓国併合』を読みたくなったのだ。

韓国とは猯拗餃瓩任△襦今後東アジアのなかの日本ということを考えた場合、対韓国に撮っている態度は本当に賢明なのだろうか。わたしはそんなことも考えてみたくなったのである。
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する