ホーム > mixiユーザー(id:26450852) > mixiユーザーの日記一覧 > 猩牒瓩猫猊垠鯀喚瓩文座狷本社会を改善するためにあらゆる階層で爛ォータ制の導入瓩不可避だ

mixiユーザー(id:26450852)

2018年05月11日13:27

81 view

猩牒瓩猫猊垠鯀喚瓩文座狷本社会を改善するためにあらゆる階層で爛ォータ制の導入瓩不可避だ

■麻生氏「個人として、セクハラあったと言えない」
(朝日新聞デジタル - 05月11日 11:54)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5106215

やはり現代日本社会には、爛ォータ制の導入が瓩不可避である。

爛ォータ制瓩箸蓮∪界から民間企業のありとあらゆる階層において、構成男女比が50対50とするという社会システムのことである。

現代日本社会においてセクハラが起こるのは、日本社会の体質として狠紡砂卑畭亮舛あるからだ。それは、政界から民間企業の管理職に到るまで圧倒的に狠棒瓩多いからである。

この世の中の半分は女性が占めている。にもかかわらず、あらゆる階層のトップが男性であるという日本社会は、猩牒瓩猫猊垠鯀喚瓩兵匆颪覆里任△襦

そもそもセクハラに犁甸囘証拠疆、必要はない。同じ言動を受けたとしても、その言動を受けたその人のとらえ方でその言動が爛札ハラ瓩否かが決まる。

財務省元次官福田淳一が言ったとされる
爛スがしたい
という言動も、言われた、その女性記者にとって爛札ハラ瓩世伴け取られたのだから、福田淳一の言動は爛札ハラ瓩覆里澄

福田淳一は、猊分的ではなく全体を聞いてもらえば、セクハラではないことが明らかになる瓩噺世辰討い燭、猊分的瓩任△蹐Δ函↓狒澗療瓩任△蹐Δ函△修鵑覆海箸亡愀犬覆、言われた女性記者が爛札ハラ瓩世伴け取られた時点で、もう爛札ハラ瓩論立しているのだ。それが爛札ハラ瓩覆里任△襦

例えば、爛スがしたい瓩函△修僚性記者の恋人に言われた(恋人がいたと仮定して)としても、それはセクハラには当たらない。なぜならは、その女性記者にとって、爛スがしたい瓩箸いΩ斉阿砲浪燭藏貭砲魎兇犬覆いらである。

人は同じ言葉であっても、言われた相手やその場の雰囲気によって、その言葉が苦痛に思うことがある。

わたしは昔、会社勤めをしていた頃、結婚したての女性の同僚に犹劼匹發鯀瓩作ってね瓩噺世辰燭蕁△修僚性社員に「その言葉はセクハラですよ」と言われたことがある。わたしはただ結婚したことを祝う思いで言った言葉だったのに、そう取られてしまったのである。

日本には爛札ハラ罪瓩ない。わたしはそういう爛札ハラ罪瓩鮴澆韻襪戮だと考えているが、まずは日本社会の構造、つまり狠紡砂卑瓩箸いζ本社会の体質を変えていかねばならない。

そのために必要なのは、政界でも民間企業の役員、管理職にも爛オータ制瓩瞭各が不可避である。なぜならば、この社会の半分は女性が占めている。だったら政界も企業も猗省は女性瓩箸い状況が必要である。

そのような猗省は女性が占める瓩箸い状況を、あえて、意識的に、強制的に作り出す必要がある。麻生太郎や福田淳一の言動は現代社会の歪さ、不健全さを示しているのだ。

こんな歪な現代日本社会を改善していくためには、爐△┐騰甅牋媼嬰甅犇制的に疊省は女性という状況を作り出す爛ォータ制の導入瓩必要なのだ。
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する