mixiユーザー(id:26450852)

2017年05月26日13:19

188 view

父親から見せられた一枚の狆攴餃

あれはわたしがまだ中学生だった頃、父親から一枚の狆攴餃瓩鮓せられたことがある。

それは、戦前に静岡県から父親が犹梁欧了丗広瓩任△辰燭箸いΝ狆攴餃瓩任△襦

父親はよく、父親の実家の町で猴0譴了梁欧硫鉢瓩任△襪箸いΔ海箸鮗慢していた。

父親が言うように、わたしは一度祖先がさしていた狹瓠ζ本刀瓩鯒貮磴妨せてもらったことがある。その祖先の狹瓠ζ本刀瓩鮓せてもらったのは、本家の長男とわたしだけである。

静岡の父親の実家には、ある言い伝えがある。それは、江戸の藩邸に居たわたしの祖先が明治維新のどさくさに官軍がやってくるということで、江戸の藩邸をひとり逃げ出して静岡に落ちのびたという言い伝えである。

しかしそれはいわゆる狠θ有瓩箸いΔ海箸砲覆蝓∨椰佑里澆覆蕕此△修硫搬押⊃椴牘鐚圓砲盡靴靴つ謬擇亮蠅及ぶ。そのくらいのことは分かっていただろう。それよりもわたしが考えたのは、明治維新後、最後の徳川将軍・慶喜が駿河送りになったとき、極近親者だけが慶喜とともに行動を共にした。その近親者の一人にわたしの祖先がいたということは考えられないだろうか。

わたしの家の家紋は犹阿椎隲瓩任△辰董△修硫般罎脇狙邁箸箸里弔覆りを示すかもんだといわれている。そしてわたしの今の名字の前の性が狆省伸瓩世辰燭箸いΔ海函△修Δ靴討修領れをたどっていくと、徳川家康に到達するという話も聞いたことがある。

徳川家康は狎僅存算甅瓩領れをくんでおり、清和天皇につながる系統なのである。つまりわたしの家は清和天皇の流れをくんでいることになる。しかしそこで一つの疑問に突き当たる。それは今のわたしの名字である。この名字は平氏に多い名字だと聞く。だとしたら、どうして源氏の流れをくむわたしの家の名字が猜浸畄廊瓩覆里という問題である。

わたしの名字を一番最初に使った士族は、平将門の曾孫だという。この猜疹門瓩箸いΔ箸海蹐法△錣燭靴硫箸源氏の血をひく家でありながら、あえて猜浸畄廊瓩寮名を名乗った理由もある。それはたとえば、今の東京の皇居の正門である大手門の前に何があるかと言えば、狆門の首塚瓩任△襦F狙邁箸砲箸辰栃疹門は西の朝廷に対する最大の猖盻瓩任△蝓二度と朝廷と軍事的衝突を起こさぬために、江戸城大手門の前に設置したといわれている。

そう考えると、わたしの家の名字が猜浸畄廊瓩任△襪海箸砲發Δ覆鼎韻觧廚いするのである。

ちなみに、戦前には犹梁沖瓩了丗垢砲亘菁いくらかの牴元覘瓩支給されていたという、その狆攴餃瓩父親が大事に持っていたあの小さな証書だったのである。
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月26日 15:33
    ルーツに思いを馳せる。 ロマンですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 08:41
    > mixiユーザー 
    そうですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する