mixiユーザー(id:26450852)

2017年05月22日18:28

245 view

狢減濺天皇論瓩鉢犁’重天皇論瓠臭狆歡天皇瓩箸浪燭覆里

退位法案、一定の評価と懸念
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4580273

陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定
 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。
 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。
 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。
 ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。
 陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。
 宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。
 陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。【遠山和宏】
*************************************************************************
上記は、昨日の毎日新聞に掲載された、「陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」」という記事の全文である。

『日本国憲法』における狆歡天皇瓩箸楼貘里匹里茲Δ並減澆覆里。私たち日本国民は狆歡天皇瓩鵬燭魑瓩瓩襪戮なのであろうか。昨年夏の明仁天皇の爐気持ちメッセージ瓩呂修里海箸魘くわたしたち日本国民一人ひとりに問いかけられたように思える。

そもそも狹傾沈瓩箸浪燭。面白い事に、明治維新以前の江戸庶民には狆軍様より位の高い存在疆、知られていなかった。その証拠に、明治維新後、明治天皇は全国を回っている。まさに、日本人に狹傾牒瓩箸いΔらいのお披露目という意味もあったという。

そのようにして形成されていったのが犇畭綸傾沈瓩任△辰拭その犇畭綸傾沈瓩箸蓮↓狹傾弔存在することだが尊い瓩箸垢襦崑減濺天皇論」であった。それが戦前の『大日本帝国憲法』における狎簑佚傾沈瓩任△蝓↓犖戎与性瓩箸靴討療傾弔任△辰拭

しかし戦後、昭和天皇の狄祐崟觚性瓩砲茲襦愼本国憲法』における狆歡天皇瓩箸いΔ海箸鯡誠療傾弔鰐郎され続けて来られた。明仁天皇が模索され続けられた狆歡天皇瓩箸呂泙気靴牋貎涌貎佑旅駝韻噺き合っていること瓩任△辰拭ただ単に狢減澆垢襪海箸世韻蚤困き瓩箸いΝ狢減濺天皇論瓩任呂覆、むしろ狢減濺天皇論瓩鯊任素砲襪海箸砲茲辰瞳狙されっつけてきたのが犢駝碓貎佑劼箸蠅棒椶靴討いこと瓩箸いΝ犁’重天皇論瓩箸靴討劉狆歡天皇瓩覆里任△襦

安倍晋三や「日本会議」は、戦前の狢減濺天皇論瓩鯀匹蕕擦茲Δ箸靴討い襦L誠療傾弔砲呂修里茲Δ鳳任辰燭里もしれない。だから明仁天皇が模索し続けてきた犁’重天皇論瓩鯣歡蠅気譴燭抜兇犬蕕譴燭里もしれない。それが狎犬方否定瓩箸いΩ斥佞砲弔覆ったのかもしれない。

ただ、わたしたちが忘れてはならないことは、戦前の狢減濺天皇論瓩砲茲辰董⊆囲の人が何でもかんでも狹傾鎚轍爾里完娶瓩箸靴討海旅颪旅圓末をあやまさせたことである。はたして爛▲献◆β席人僚集淒戦争瓩昭和天皇の爐完娶瓩世辰燭里。若き命を無残に殺していく狷湛饗皚瓩昭和天皇の爐完娶瓩世辰燭里。わたしたちはそのことを今、改めて真摯に考える時ではないのだろうか。

『日本国憲法』における狆歡天皇瓩箸楼貘里匹里茲Δ並減澆覆里。私たち日本国民は狆歡天皇瓩鵬燭魑瓩瓩襪戮なのであろうか。昨年夏の明仁天皇の爐気持ちメッセージ瓩呂修里海箸魘くわたしたち日本国民一人ひとりに問いかけられたように思えるのである。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する