mixiユーザー(id:26450852)

2017年05月21日13:24

333 view

人間の価値はをただ単に犒从囘活動甅猩働力瓩任靴測れないのか?

■知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに
(朝日新聞デジタル - 05月07日 09:59)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4560410

【社説】週のはじめに考える 人間の価値は稼ぐ力か

 人間の価値は稼ぐ力で決まるのか。重い問いを巡る裁判が東京地裁で始まりました。障害の有無にかかわらず、法の下では命の尊厳は平等のはずです。
 二年前、東京都内の松沢正美さん、敬子さん夫妻は、十五歳の息子和真さんを福祉施設での事故で失いました。重い知的障害のある自閉症の少年。施設から外出して帰らぬ人となって見つかった。
 その損害賠償を求めた訴訟が動きだし、最初の口頭弁論でこう意見を述べました。
◆逸失利益ゼロの衝撃
 「過去の判例や和解は、被害者の収入や障害の程度によって加害者に課せられる賠償額に差をつけてきましたが、到底納得できません。不法行為に対する賠償は、当然、公平になされるべきです」
 施設側は事前の交渉で、事故を招いた責任を認めました。けれども、提示した賠償額は、慰謝料のみの二千万円。同年代の健常者の四分の一程度にすぎなかった。
 障害を理由に、将来働いて稼ぐのは無理だったとみなして逸失利益をゼロと見積もったのです。慰謝料まで最低水準に抑えていた。
 逸失利益とは、事故が起きなければ得られたと見込まれる収入に相当し、賠償の対象となる。
 同い年の健常者と同等の扱いをと、両親が強く願うのは当然でしょう。男性労働者の平均賃金を基に計算した逸失利益五千万円余をふくめ、賠償金約八千八百万円の支払いを求めて提訴したのです。
 同種の訴訟は、実は全国各地で後を絶たない。なぜでしょうか。
 最大の問題は、逸失利益という損害賠償の考え方に根ざした裁判実務そのものにあるのです。高度経済成長を背景に、交通事故や労働災害が増大した一九六〇年代に定着したと聞きます。
◆司法界の差別的慣行
 死亡事故では、生前の収入を逸失利益の算定基礎とし、子どもら無収入の人には平均賃金を通常は用います。ところが、重い障害などがあると、就労は困難だったとみなして逸失利益を認めない。
 人間は平等の価値を持って生まれてくるのに、不法行為によって命を絶たれた途端、稼働能力という物差しをあてがわれ、機械的に価値を測られるのです。重い障害のある人はたちまち劣位に置かれてしまう。
 逸失利益を否定するのは、生きていても無意味な存在という烙印(らくいん)を押すに等しい。昨年七月、相模原市で多くの障害者を殺傷した男が抱いていた「障害者は不幸を作ることしかできない」という優生思想さえ想起させます。
 この差別的な理論と実践を長年積み重ねてきたのは、本来、良心に従い、公正を貫かねばならないはずの司法界そのものなのです。
 正美さんは「障害者の命を差別してきた司法の慣行を覆さねばなりません。差別の解消に貢献できる判決を勝ち取りたい」と語る。
 すでに半世紀前、逸失利益をはじく裁判実務について「人間を利益を生み出す道具のように評価しとり扱う態度」として、厳しく批判した民法学者がいた。元近畿大教授の西原道雄さんです。
 六五年に発表した「生命侵害・傷害における損害賠償額」と題する論文は、こう指摘する。
 「奴隷制社会ならばともかく、近代市民社会においては人間およびその生命は商品ではなく交換価値をもたないから、一面では、生命には経済的価値はなく、これを金銭的に評価することはできない、との考えがある。しかし他面、人間の生命の価値は地球より重い、すなわち無限である、との観念も存在する。生命の侵害に対しては、いくら金を支払っても理論上、観念上、これで充分(じゅうぶん)とはいえないのである」
 それでも、民法は金銭での償いを定める。法の下の平等理念をどう具現化するか。生命の侵害をひとつの非財産的損害と捉え、賠償額の定額化を唱えたのです。
 同じ電車の乗客が事故で死亡した場合、一方は百万円、他方は二千万円の賠償に値するとみるのは不合理ではないか。百万円の生命二つより二千万円の生命一つを救う方が重要なのでしょうか。
 西原理論の核心はこうです。
 被害者個々人の境遇は、収入はもとより千差万別なので考慮する必要はないのではないか。むしろ、賠償の基本額を決め、加害者の落ち度の軽重によって増減する仕組みこそが理にかなう、と。
◆かけがえのなさこそ
 障害の有無で分け隔てしない社会を目指し、日本は障害者の権利条約を結び、差別解消法を作った。西原さんの考え方は今、一層重みを増していると思うのです。
 稼ぐ力ばかりが称賛される時代です。存在のかけがえのなさを見つめ直すべきではないか。そういう問いかけが、社会に向けられているのではないでしょうか。
***************************************************************************
上記は、今朝の東京新聞の社説「週のはじめに考える 人間の価値は稼ぐ力か」の全文である。

そもそも狄祐屬硫礎有瓩鬚燭醒韻豊犒从囘活動甅猩働力瓩箸靴涜ろうとするのは、まさしくナチス・ドイツが行った猴ダ源彖朖瓩修里發里任△蝓∩衞聾蕎祿下垰傷事件の植松聖容疑者の発想と何ら変わりはない。

わたしは、何年民近企業の人事部門に障害者雇用・採用に携わってきた。そうしていろいろな部署の所属長とも狆祿下垳柩儉瓩砲弔い届辰鬚靴討た。そのなかでいつも障害者雇用を拒絶する所属長がわたしに言った言葉は、牴罎部署には障害者にやってもらう仕事はない瓩箸いΔ海箸任△辰拭その言葉にいつもわたしが聞き返したことは、爐任肋祿下圓砲任る仕事とは何なのですか瓩箸いΔ海箸任△辰拭B臑痢△修ΔいΔ判蠡按垢亙峪に困る。何も言い返せなくなる。もちろん相手が障害者のわたしということもあるが、本来、狆祿下圓砲任る仕事瓩覆匹覆い里任△襦

いや、仕事に狆祿下垳き甅犒鮠鐚垳き疆の区別自体ないのである。もっと言えば、多くの所属長は狆祿下圈畆蠅かかる存在瓩箸いΕぅ瓠璽犬世韻嚢佑┐討い燭里任△襦実際に障害者と接したこともなく、である。

このミクシィには、狆祿下塰…蠍柩冦─θ歡袁声圻瓩多くいるようだ。今はいい。今は犒鮠鐚圻瓩噺世錣譴詢場で働くことができているのだから、平然と狆祿下塰…蠍柩冦─θ歡袁声圻瓩乃錣蕕譴襦しかしそういう人もいつ病気や怪我で狆祿下圻瓩噺世錣譴詢場になるかもしれない。そうなったとき、きっと今の仕事は失うだろう。なぜならば、そういう人が働く職場そのものが狆祿下塲喟有瓩諒薫狼い漂う爛屮薀奪企業瓩世らである。だからそういう人はきっと仕事を失い、貯蓄もうしない、住居も失うかもしれない。そうなったとき、はじめて自分が狆祿下塰…蠍柩冦─θ歡袁声圻瓩任△辰燭海箸魏やむようになるだろう。その時はもう遅いのである。

障害者と健常者。その区別は一体何によるのだろうか。そこにはどのような線が引かれ、あるいは壁が築かれているのであろうか。もしも戦ならば一体何色なのだろうか、その線の太さはどのぐらいなのだろうか。もしも壁だとするのならば、その壁の色は何色で、何でできていて、壁の高さ、厚さはどのぐらいなのだろうか。

このことは、わたしが中学三年の春、高校受験を障害者ゆえに、拒否されたとき、中学の校長室で、教頭、学年主任、進路主任、そして担任の前でわたしが泣きながら問うた言葉である。あれ以来、この問いは未だにわたしの心のなかで問い続けている。

しかし狄祐屬硫礎有瓩箸蓮単に犒从囘活動甅猩働力瓩箸靴童なされていいのだろうか。言い換えるとわたしたちの存在価値は、ただ単に犒从囘活動甅猩働力瓩任靴ないということになる。そのような見方をわたしたちは瑁く瓩海箸できるのであり、もしも怪我や病気で働くことができなくなれば、犹爐鯀ぶ瓩里任△蹐Δ。それはまさに爛淵船硬優生思想瓩任靴ないのである。

7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する