mixiユーザー(id:26450852)

2017年05月19日18:34

2039 view

内田博文・九州大学名誉教授の「共謀罪と治安維持法―政府は何を蘇らせようとしているか」という論文を読んで

「共謀罪」衆院法務委で可決
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4579759

『世界 2017年5月号特集「共謀罪」のある日常とは』に掲載された、内田博文・九州大学名誉教授の「共謀罪と治安維持法―政府は何を蘇らせようとしているか」という論文を読んだ。

この論文のなかで狎府が蘇らせようとしている瓩海箸髻内田博文氏は次のように書かれている。

「いざ憲法を改定し、今以上に世界中に軍隊を派遣できるようにする時には、反対者がもっと広範に出てくるだろう。それを徹底的に取り締まる法律が必要になる。その時に共謀罪は、その気になればいくらでも使える。そういうふうにできているというのが要点である。」

わたしは、安倍晋三の犒法第九条に第三項を設けてそこに自衛隊を書き込む瓩箸いε眛佑文斉阿發海海砲弔覆ってくるのかと、思ったりもしている。自衛隊を憲法に書き込むということは、集団的自衛権を憲法に書き込むこととなり、自衛隊は米軍の牴疾舛鵜瓩箸靴得こγ罎貿標されることになる。そうなると、一昨年の安保法制制定のとき以上の猗紳亅瓩寮爾国民から上がってくる。これらの声を取り締まる、あるいはあげさせないための法律として、この共謀罪が必要となってくるのである。

爐覆襪曚畢
と、わたしは一人、納得をしていた。

さて、この内田博文名誉教授の「共謀罪と治安維持法―政府は何を蘇らせようとしているか」という論文を読んで、面白いと思ったところは、やはり共謀罪と治安維持法との共通点、いや、全く同じだということである。

その一つが言葉の定義のあいまいさである。たとえば、治安維持法における犢饌里諒儚廰瓩筬犹藩兀盪裟度の否認瓩箸いΩ斥佞任△襦これらの言葉の定義は当時の政府においても曖昧であったという。それに対して共謀罪における狒反ト蛤畚乎弔任△訝賃劉瓩粒萋依弖錣簍靈冕瓢澆了止めが曖昧な点である。もっと言えは、爛謄軆乎牒瓩箸浪燭、何をもって爛謄躪坩扠瓩箸垢襪里、この点については曖昧なままであり、安倍晋三等が盛んに語って牋貳命佑呂海遼[Г療用外である瓩箸い場合の牋貳命有瓩箸呂匹里茲Δ平佑里海箸覆里という点である。

また内田博文名誉教授の「共謀罪と治安維持法―政府は何を蘇らせようとしているか」という論文で最も驚いたのは、治安維持法が大日本帝国憲法の犒法違反瓩謀たっていたという点である。内田博文氏は次のように書いておられる。

「治安当局は社会主義政策を盛り込んだ法案を制定しようとする議会活動も取り締まりの対象なると説明した。欧米の議会と異なるとした。これは立憲主義を否定するものであった。大日本帝国憲法で保障された自由主義、民主主義も非日本的なものとして撲滅が図られならなければならないとされ、治安維持法による取り締まりの対象とされた。これらは事実上の憲法改正であり、治安維持当局による犹実上のクーデター瓩箸い辰討發茲い發里任△辰拭治安維持法が大日本帝国憲法に違反していることは明らかであった。」

わたしはこの一文を読んで驚いた。当時の治安当局が大日本帝国憲法に違反してまで守ろうとしたものは一体何だったのか、と。それはきっと犢饌里噺討个譴薪傾沈簑仄腟銑瓩任△蹐Αそれを守るためには、超法規的処置を取っても構わないと思わしたところに狹傾沈瓩了つ怖さがあるのであろう。そうしてこの狹傾沈瓩郎も続いている、いや、わたしたちは自分たちの狹合の象徴瓩箸靴道ち続けているのである。そこにしか狷本人としてのアイデンティティ瓩見いさないとすれば、一体日本人とは何なのだろうか、わたしはまたこの問いかけにぶっかけってしまったのである。

さて、内田博文名誉教授の「共謀罪と治安維持法―政府は何を蘇らせようとしているか」という論文から共謀罪で政府が何を蘇らせようとしているのかを、ざっと見てきた。それは、自衛隊が一層米軍と一体化して世界中は派遣される時に反対者を取り締まる法律であり、反対という声をあげさせない法律であるというのがこの論文の趣旨である。では、わたしたちはこの共謀罪の前に何もできないのだろうか、内田博文氏は最後に次のように書いてこの論文を終えておられれる。

「戦前と違うのは、私たちが武器を持っているということである。日本国憲法の下、反対する権利が保障されている。デモをしたり集会を開いたり、本を出したり投書したりできる。憲法は裁判所の意見立法調査権を保障していて、犇λ添瓩楼齋だ瓩箸いα幣戮魑こすこともできる。裁判所はどう判断するかは別問題だが、その問題を世に問うことはできる。私たちはそういった武器をもっと十分に活用する必要がある、戦前の反省に基づいて憲法が私たちに保証した武器を猜の持ち腐れ瓩砲靴討呂覆蕕覆ぁ」
11 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月19日 21:00
    ニュースより。

    「不断の努力」ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月20日 09:19
    > mixiユーザー 
    そういうことになりますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する