mixiユーザー(id:26450852)

2017年05月11日13:23

312 view

「脱・ヘルパー依存」

「脱・ヘルパー依存」

今のわたしに一番必要なことなのである。

わたしはこれまでヘルパー派遣会社との間でトラブルを経験してきた。たしかにわたしが経験してきたヘルパー派遣会社とのトラブルは派遣会社の側に問題があった。

しかしわたしの側にも問題はあるのだ。それは、家事の事、通院の事、買い物の事等、ヘルパーの支援を受けられることはすべてヘルパーにやってもらえて当たり前だと考えていたことだ。だからわたしはヘルパー派遣会社の対応に一喜一憂してしまうのだ。

昨日、いつものヘルパーがやってきて、
「ヘルパー派遣会社の社長の伝言なんですが、月曜日の件、○○さんのままでもうしばらく様子を見てもらえないかということなのですが」
と言い出した。

わたしは思わず、
「○○さんは勘弁してくださいよ。それに社長は善処すると言ってくれたじゃあない時すか。いろいろとシフトを見なして」
といい、
「わたしは実験台ではない」
とまで言い放ってしまった。

そうしてひどく落ち込んでしまったのである。

「もう一度、社長に再考してもらうように伝えてください。そしてわたしに電話をくれるように伝えてください」
と、そのヘルパーに伝えた。

その後、夕方になって、その社長から電話があり、
「月曜日の件は元に戻させてもらいます」
という話をもらった。
「いや、今回の交代の件は事前にわたしには何ら話もなく、いきなり二人のヘルパーさんがやってきて仕事の引き継ぎをやって、帰り際にいきなり今度の月曜日は彼女が来させてもらいますと言われたんです。事前の説明は一切頂けず、です」
というと、社長は
「そうでしたか。私どもは勝手に事前に交代の説明もして了解も得ていると勝手に思いこんでいました。」
と、爐┐鱈瓩閥辰い討靴泙ο辰鬚靴討い拭

今回の件でわたしは障害者相談支援センターの担当者に電話で話すと、
「一度、話し合いの場を設定しましょうか。最悪の場合、月曜日の家事支援はしばらくなくなる可能性もありますが」
と言えれて、わたしは少し恐怖心を覚えた。その犇寡歐喚瓩海修わたしのなかにある爛悒襯僉式預賢瓩修里發里覆里任△襦

家事支援は、食事、掃除、洗濯、買い物等で、わたしの場合は食事はヘルパーさんにはほとんどサポートは受けていない。たまに日で卵を作ってもらうぐらいである。洗濯に関しても洗濯機が洗濯から乾燥までやってくれるので、乾燥した洗濯ものを畳んでもらうぐらいである。

そう考えると、例えば、洗濯物をたたむということはわたしは自分でできないのだろうかと思ってしまう。それから夏場になると、毎日、シャワーを浴びて下着を取り換えたくなる。そうなると週に一度の洗濯ではなに合わなくなる。やはり自分で洗濯をするということも考えなければならない。

掃除にしても、風呂掃除やトイレ掃除は一人暮らしをはじめて家事支援が決まっていない頃は、それなりに掃除をしていた。もちろん洗剤などは使わなかったが、しかしこれからヘルパーさんに教えてもらうということは可能のように思える。

もちろん、ヘルパーの支援はわたしが一人暮らしをしていくうえで絶対に必要である。しかしそのことと爛悒襯僉式預賢瓩箸呂泙進未力辰任△辰董∈のわたしには梅田に行くことよりも、、爐みしん瓩飽貎佑嚢圓ことの方が先決問題ではないかと考えているのだ。

それとこれをいている途中で、突然部屋の電気がすべて落ちてしまった。電源が落ちてしまうと、固定電話も使えなくなる。そうなると、やはり携帯電話は必要になる。そんなことも思っている。

とにかく狠ΑΕ悒襯僉式預賢瓩郎のわたしには必要なのである。
7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 14:58
    僕は支援員に依存度が高いと思いますが なるべく自分で、できるものはやろうと心がけていますが弱い自分が すぐ出てきます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月11日 15:39
    > mixiユーザー そうですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する