ホーム > mixiユーザー(id:26450852) > mixiユーザーの日記一覧 > 猴ダ源彖曚竜源瓩妨かって―相模原障害者殺傷事件を狢慮貝瓩靴

mixiユーザー(id:26450852)

2016年12月18日14:47

716 view

猴ダ源彖曚竜源瓩妨かって―相模原障害者殺傷事件を狢慮貝瓩靴

「障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。
私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。
重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。」
****************************************************************************
上記は、相模原障害者殺傷事件の犯行犯である植村聖容疑者が衆議院議長大島理森宛に書いた手紙の一節である。

わたしは、この狒衞聾蕎祿下垰傷事件瓩稜愀覆砲廊猴ダ源彖朖瓩箸いΝ狎治思想瓩隠されていると考えている。わたしが猴ダ源彖朖瓩鬮狎治思想瓩塙佑┐詬由は、そこに犢餡箸虜眄的負担瓩箸い考え方があるからだ。全盲と全ろうの重複障害を持つ福島智・東京大先端科学技術研究センター教授が爐海Δ靴浸彖曚箙堝阿慮酸瑤どこにあるのかは定かではないものの、今の日本を覆う「新自由主義的な人間観」と無縁ではないだろう。労働力の担い手としての経済的価値や能力で人間を序列化する社会。そこでは、重度の障害者の生存は軽視され、究極的には否定されてしまいかねない。 瓩噺譴蕕譴討い襪、この狄啓由主義的人間観瓩海修わたしが猴ダ源彖朖瓩鬮狎治思想瓩塙佑┐襪罎┐鵑任△襦

では、そもそもこの猴ダ源彖曚竜源瓩箸呂匹海砲△襪里世蹐Δ。人は何をもって猴イ譴震伸甅爐修Δ任覆ぬ伸瓩鉢狎引き瓩鬚垢襪里任△蹐Δ。もっと言えば、障害者を狎犬るに値しない命瓩箸靴真⊂樟四撞深埃身はも自分を猴イ譴震伸瓩塙佑┐討い燭里任△蹐Δ。もしも、いやきっとそう考えていたからこそ、あるような行為が行われたのであろうが、その犧拠瓩箸楼貘硫燭世辰燭里任△蹐Δ。

今、狃仞諺或巴猫瓩砲茲覯燭蕕の障害があると判断された命はこの世に生を受けられないという爐い里舛料別瓩行われている。障害を持ついのちは猊垤な命瓩世犯獣任気譴討い襦しかしそのような判断は一体誰がどんな資格をもって行うことが許されるのであろうか。狄討世ら甬されるのだとすれば、現代日本社会で多く見られている子どもを犁埖垰爿瓩気譴真討倭完猝戯甅瓩箸いΔ海箸砲覆襦そんな馬鹿げた話はないだろう。子どもは親の狃衢物瓩任呂覆い里澄では、この世に生を受けた子どもはダメでも胎児なら良いという猴屈瓩楼貘里匹海砲△襪里世蹐Δ。

今回の相模原障害者殺傷事件の背景には爛淵船垢砲茲辰胴圓錣譴申電拆祿下圓琉続攣犒弉茘瓩あるといわれる。いわゆる「T4計画」と呼ばれているものであるが、その計画はどのように企画立案されたのであろうか。その「T4計画」が狷妊ス室のでのユダヤ人大虐殺瓩砲弔覆っていった、言わば猴醜堽習瓩箸いΠ嫐をもっていたと言われている。では、その爛淵船垢砲茲辰胴圓錣譴申電拆祿下圓琉続攣犒弉茘瓩箸惑_燭覆襪發里世辰燭里世蹐Δ。

この爛淵船垢砲茲辰胴圓錣譴申電拆祿下圓琉続攣犒弉茘瓩留篦浩上にあった爛▲Ε轡絅凜ッツ瓩砲盍愎瓦出てきて、このことがハンナ・アーレントの思想へとつながっていくのである。わたしがハンナ・アーレントと出会ったのは、わたしがまだ大谷大学の大学院生だった頃で、カントの『判断力批判』を読み出した頃である。今はなくなっている旭屋書店大阪店の3階、哲学書売り場で、ハンナアーレント著『カント政治哲学講義録』を手にした時であった。その時の出会いがまたそういう形で再会する時その時は思いもしなかった。

ハイデッガーの弟子に当たる哲学者たちには爛▲Ε轡絅凜ッツ以後瓩箸いΩ斥佞大きな意味をもっているとも思える。その意味からも爛▲Ε轡絅凜ッツ瓩鯊慮海靴薪学者たちの著作も読んでいきたいと思っている。それらを通じてそもそもの猴ダ源彖曚竜源瓩箸いΔ海箸鮃佑┐討澆燭い隼廚辰討い襦

わたしは一人の障害者として相模原障害者殺傷事件を狢慮貝瓩靴拭それは、それまでに民間企業において障害者雇用が進まないのは障害者に接したことがないからだと考えてきた。しかし今回の相模原障害者殺傷事件の犯人は、障害者施設の元職員で障害者の最も近いところにいた人物である。つまりわたしの考え方は根底から否定されたことになる。それがわたしをもう一度職場へ、民間企業の一員として働きたいと思わせている原因なのかもしれない。わたしにとっては狒衞聾蕎祿下垰傷事件瓩箸呂海里茲Δ憤嫐を持つ。もう一度、健常者と呼ばれる人たちのなかで狆祿下圓噺世錣譴詈の一人として疇いてみたいと思うのだ。わたしにとって狒衞聾蕎祿下垰傷事件瓩箸魯魯鵐福Ε◆璽譽鵐箸砲箸辰討劉爛▲Ε轡絅凜ッッツ瓩忙た意味を持っているのかもしれない。

5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する