ホーム > mixiユーザー(id:26450852) > mixiユーザーの日記一覧 > 法律の犒箚岫瓩僕遒舛海椶譴真佑紡个靴董次崟同一性障害」の受刑者に対する処遇という問題から

mixiユーザー(id:26450852)

2015年07月26日12:05

566 view

法律の犒箚岫瓩僕遒舛海椶譴真佑紡个靴董次崟同一性障害」の受刑者に対する処遇という問題から

■「性同一性障害」の受刑者はどう処遇されるべきかーー刑務所における「性別」問題
(弁護士ドットコム - 07月26日 10:51)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=149&from=diary&id=3534888

この問題の根本には、やはり日本社会はまだまた「戸籍」によってその人を判断しようとする「戸籍偏重主義」ということを感じざるを得ない。現在のその人のあり方ということよりも、「戸籍」を重視するという狒斡畭綸畆匆餞圭が色濃くこのっているのである。

戸籍上の性別変更は、2003年7月に制定された、「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(性同一障害特例法)」によって可能となった。しかしこの「性同一性障害特例法」によって性別変更を行う場合、下記の条件に該当することが求められる。

「1.二十歳以上であること。2.現に婚姻をしていないこと。 3.現に未成年の子がいないこと。4.生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること。5.その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること。 」
である。

なかでも爍粥ダ舷Aがないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること瓩箸蓮△い錣罎訐別適応手術を受けていること、すなわち生殖機能を放棄することを求めているのである。そして女性から男性への性別適応手術では子宮摘出手術と男性器形成手術という二度の手術が必要となり、肉体的、経済的負担はかなり大きくなっている。しかし法律でこのように定めながらも、国は一切の経済的支援は行っていないのである。

さて、今回の場合、当人は性別適応手術を受けて、男性が女性への性転換は終えている。しかし戸籍上の性別変更は終えていなかった。つまり戸籍上は「男性」のままであったという。戸籍上の性別変更を行うためには、二人以上の精神科医師のカウンセリングが必要となり、その二人の医師の認定によって初めて、裁判所に性別変更の申し出が行える。

その手続きが面倒だとして戸籍上の性別変更を行わないトランスジェンダーも少なくない。あるいはニューハーフという職業上の必要性から性転換手術を受けた人も戸籍上の性別変更を行うとは少なくない。つまり今回のような身体的には性別適応手術を受けて、自分の望む生の身体になったが、戸籍上の性別変更を行っていないという人は少ないのだ。いわば、法律の隙間に落ちこぼれた人なのである。

では、このような猖[Г旅イなに落ちこぼれてしまった人瓩紡个靴董⊆匆颪呂匹里茲Δ紡弍べきなのか。やはり法律に従って対応するという態度をとるのか、その人の現状に応じて柔軟に対応するという態度をとるのか、である。日本社会ではまだまだ猖[Г暴召辰涜弍するという態度をとる瓩海箸砲覆襪里任△蹐Αそれはどこまでも「戸籍上の性別」を重視した対応である。

では、「性同一性障害の人の中には、定期的に女性(男性)ホルモンを注射するホルモン療法を行っている場合もある。刑務所内でも、投薬を行えるのだろうか」という問いに対しては、「ホルモン療法については専門的な判断に属することなので一概には言えませんが、投薬を止めることで心身に支障をきたす場合は、可能な限り対応するようにしています」と、法務省矯正局成人矯正課の担当者は回答してのである。

海外では、受刑者の申し出により受刑中に性別適応手術を受けてもらったというケースもある。それは受刑者の狄邑↓瓩貿枸犬靴燭海箸世箸いΑたとえ、死刑囚であったとしても、その人の狄邑↓瓩和砂鼎気譟⊆蕕蕕譴襪戮なのである。そして狄邑↓瓩梁砂鼎箸蓮△修凌佑呂匹里茲Δ幣況に置かれようとも、最大限にその人らしく生きる権利を社会が保障するということなのである。

わたしは、今回のこの問題の根底に猖[Г噺朕有瓩箸いμ簑蠅鮓出す。法律とは社会のルールであるとともに、その人が最大限に自分らしく生きることを保障するものでなければならない。法律は決して万能ではない。そこには法律から落ちこぼれてしまう人は必ず出てくる。では、その人を社会はどのようにケアしていくべきなのか。問題はそこにあるように考えるのだ。

今回の場合、性別適応手術を受けて身体的に女性となったが、未だ戸籍上は「男性」である受刑者に対してどのような取扱いをするのか、狃性瓩箸靴動靴Δ里、狠棒瓩箸靴銅茲螳靴Δ里。日本社会はまだまた犖誉卻仆甜腟銑疆な社会であるゆえに、どうしても狠棒瓩箸靴銅茲螳靴Δ海箸砲覆襪里任△襪、本当にそれでいいのだろうか。法律の犒箚岫瓩僕遒舛海椶譴真佑紡个靴董△錣燭靴燭舛呂匹里茲Δ紡弍すべきなのかを問いかけているように思えるのである。

6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する