mixiユーザー(id:26301871)

2020年03月29日17:32

15 view

ムーミン谷へいってきた!ヽ(*´Д`*)ノ:

(つづき)

最後に《エンマの劇場》でショーを観る事にしました。
15:00に始まるショーまで暫しブラブラと園内を散策。
劇場前の席で観るには列に並ばないといけないみたい
だけど、席の外側ロープ線からも観覧可能なようなので
オイラ達は列に並ぶ時間を惜しんで散策に充てました。
…う〜ん、今となっては並んででも劇場内で観たほうが
良かったかなぁと少し後悔していたりして(;´▽`A``


ショーは短編集的な原作『ムーミン谷の仲間たち』に
収録の「目に見えない子」を舞台化したものでした。

「目に見えない子」:ニンニは同居していたイジわるな
おばさんに毎日、皮肉を言われ、そしてついには他人に
姿が見えなくなってしまった女の子。
話す事も出来ず、自身が所有している鈴の音だけが、
周囲に【存在】を知らせるのでした。

ひょんな事からムーミン達と暮らすことになるニンニ。
ムーミン一家からの温かいもてなしに少しずつではあり
ますが【存在】を露にします。ただ、ミイからは《何故、
怒る事(言い返す事)も出来ないのか?戦う勇気も必要》
とも指摘されます。
優しすぎる性格のニンニには、間違った事を否定する力
も、正しい事を主張する力も無かったのでした…。

そんな最中、ムーミン一家と海へ行った時、
ムーミンママを海へ突き落とそうとするムーミンパパの
イタズラに怒ったニンニは、ムーミンパパの尻尾を噛み
追いかけます。一度、天幕裏に下がって、再びステージ
へ戻った時、ニンニは可愛らしい”本当の姿”のまま皆の
前に現れたのです。
満面の笑顔のままムーミン達とオリジナル劇中曲である
『雲にのれたら』を歌い、踊り、ショーは閉幕しました。



現実社会でもオイラ達は正しい事を”正しい”と言えず、
悪い事を【悪い事】と言う勇気を忘れがちになってしま
うけれども、そんな小さな勇気の大切さ、それを失う事の
大きさを教えてくれるとても良い舞台だったと思った。
また、劇中では”りんご狩り”へ行くシーンがありますが
大きすぎるリンゴ(※バルーン)を手にしたミイが観客席
へ投げ込み、それを観客が銘々に投げ上げる参加型劇の
ライブ感もとっても楽しかったです。
(ショーに集中していなかったのか!?ミイが投げつけた
”大きすぎるリンゴ”が客席にいた若いママさんの頭で
ハネた場面では、客席から笑いも出て、楽しげで和やか
ムードが一面を覆いました。)

(つづく)
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する