mixiユーザー(id:26181745)

2022年03月11日09:30

59 view

きっかけはプーチンだが、その後の経済が停滞して行く要因はバイデンだろ!

■物価上昇「プーチン氏のせい」=ウクライナ侵攻で原油高騰―バイデン米大統領
(時事通信社 - 03月11日 07:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6881351

確かに事の起は、プーチンが下した命令で、ロシア軍がウクライナに侵攻した事で世界中でエネルギーの供給に問題が出始めた事で、EU圏等のエネルギー政策が座礁し始めた

これも、EU圏や北米における、日本車潰しの為にEV化に舵を切り、極端な電力需要の増加と、ドイツの様な自然エネルギー回帰で。原発の全廃等、自国のエネルギー問題で他国に依存した政策が裏目に出ている

こうした事が、EU圏全体の足並みの揃わないロシアへの経済政策につながる上に、一番の問題はアメリカが自国のエネルギー供給に問題が出ない事で、西側諸国に連帯でロシアからの供給を止める様に言った事で、世界のエネルギー供給の枠組みに多大な影響が出てしまった

結局、欧米が早期解決を考えて、ロシアに対して、武力行為を阻む様な直接的な介入を、ロシアが核兵器の使用を言った事で二の足を踏んでいる

いくらロシアに対して経済的な圧力を加えても、もともと、荷重な政策が食えられていたロシアにしたら、影響が即時に影響した部分が少なく、今度長期的な問題事しかならず、現状のウクライナへの侵攻を止めるだけの材料になっていない

更にロシアの他国へに侵略はエスカレートし、ジョージアに対しても、ウクライナと同様に地方を分離独立させて、人道的支援からだと。軍事侵攻する口実を始め様と。ジョージアで選挙行うと言い出した

結局、ロシアの核攻撃宣言を踊らされ、直接的武力介入を否定してしまった事で、ロシアだけでなく北朝鮮も核施設の再開に舵切り、更に中国はロシアの動きに付かず離れずで連携している

日本も、欧米の失策に引っ張り込まれて、対ロシア政策を受け入れて参加しているが、岸田政権の対応が前から行き当たりバッタリと言う様な、ゴテゴテな対応が目立ち

今回のエネルギー問題ではガソリン価格も高騰がロシア侵攻前からの問題だが、対策が本当に国民に届いていない

国会での質疑応答においても、話を聞くだけ、検討します等、総理として決断力の無さが露呈したいる

安全保障の事も、原発の事も、正に官僚の書いた物を読むだけ、困難な問題には議題に上げる事さえ否定する

このまま、西側諸国と足並み揃えてロシア対応をするにしても、日本はロシアと領土問題を抱え、更にロシアが核兵器による武力を表明する事で、お手上げしてしまっている

今後もエネルギー関連だけでなく、小麦に輸入や細々と多種多様なモノに値段が上がり続けて行くと、世界的に不況が広がりそうだわ
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年03月12日 18:26
    バイデンが今回のロシアのウクライナ併合への道筋のお膳立てしたのは疑いようもないからねえ。
    ってか、やっぱし米国民主党だと戦争が起きるよなって、再認識したくらいかな。

    おいらは核使うと思ってる。
    病院に燃料気化爆弾使用で、ジュネーブ条約も意味ねーよなー、ってなったし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する