mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『コブシメ(大墨烏賊)』コウイカ科方言名:くぶしみ別名:英名:giant cuttlefish 分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   コウイカ科の最大種、体重約12kgになる   体色はセピア色だが、色や模様を瞬時に変化させる   体内に退化した殻を持つ   体内に

続きを読む

ほ『キャロットシードミノウミウシ( )』アオミノウミウシ科   体色は半透明の褐色で、背面に白い斑模様があり、その上にオレンジ色の細点が散在する   体長1.5cm    へ『ヒブサミノウミウシ(火房箕海牛)』アオミノウミウシ科   分布は青森県以南  

続きを読む

い『タテヒダイボウミウシ(縦襞疣海牛)』イボウミウシ科   分布は伊豆半島以南   体色は水色がかった白で、突起先端は黄色   背面に直線的な黒い線がある   イボウミウシ科の最大種   体長10cm ろ『フリエリイボウミウシ(振襟疣海牛)』イボウミウシ

続きを読む

『ナンカイニセツノヒラムシ(南海偽角平虫)』ニセツノヒラムシ科方言名:別名:英名:Persian  carpet  flatworm分布:相模湾以南生態:体は葉状で、縁を波打たせて動き回る   非常に活動的   体色は茶褐色と深緑色で、体縁にピンク、白、黒、青など

続きを読む

『ワカウツボ(和歌打保)』ウツボ科方言名:別名:英名:Wakanoura moray 分布:紀伊半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   岩などの隙間に隠れている   性格は臆病   体色は白や淡黄色で、茶褐色の斑紋が散在し、鼻先は黄色   体長60cm 和歌山市にある和歌

続きを読む

『イシガキダイ(石垣鯛)』イシダイ科方言名:がらさーみーばい別名:クチジロ英名:spotted knifejaw分布:房総半島以南生態:岩礁に生息   体形と習性はイシダイに似る   体色は銀色で、茶褐色の石垣模様をもつ   キンダイの原種   食用可   体長59cm

続きを読む

『アカククリ(赤括り)』マンジュウダイ科方言名:あんらーかーさー別名:英名:dusky batfish分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   外縁付近で数尾の群れを作る   幼魚と成魚では容姿が異なる   幼魚は真っ黒い体の縁に鮮やかなオレンジ色の縁取りがあ

続きを読む

い『セスジミノウミウシ(背筋箕海牛)』サキシマミノウミウシ科   特に環境を問わずに観察可能   背面正中線と突起先端は紫色   体長4cm ろ『フジナミウミウシ(藤波海牛)』イロウミウシ科   分布は伊豆半島以南   体色は白で、外套膜縁は赤褐色  

続きを読む

『オキナワベニハゼ(沖縄紅鯊)』ハゼ科方言名:別名:英名:redspotted dwarfgoby分布:伊豆諸島、徳島県以南生態:サンゴ礁に生息   礁斜面などにある小さな隙間に住む   岩などに沿って這うように移動し、泳ぎ回らない   両方向性転換魚として知られる  

続きを読む

『クロホシフエダイ(黒星笛鯛)』フエダイ科方言名:やまとぅーびー別名:モンツキ英名:Russell's snapper 分布:房総半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   小さな群れを作る   体色は黄色味を帯びた銀色で、背ビレ後方に黒い斑紋がある   胸ビレと尻ビレは

続きを読む

『コロダイ(胡盧鯛)』イサキ科方言名:じゅーぐゎくれー別名:英名:painted sweet lips 分布:鹿島灘以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   砂底を好む   幼魚と成魚で体形体色と泳ぎ方が大きく異なる   成魚の体色は銀色で、オレンジ色の細かな斑点が多数ある

続きを読む

『キリンミノ(麒麟簑)』フサカサゴ科方言名:あふぁ別名:Tバック英名:zebra lionfish 分布:相模湾以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   カイメンや岩壁に寄り添うようについており、狭い範囲を泳ぎ回る   胸ビレは団扇形で、威嚇時に広げる   体色は赤茶地で

続きを読む

気温は高いけど春霞のような空模様でスッキリしませんこんばんは↑台風のせいだと人は言う一昨日、8月の勤務表が提示され、本日明日が休みと判明昨日も休みだったので、三連休です昨日と明日はペットの診察連休なか日の今日は、マイミクイントラさんにお願い

続きを読む

『ヒオドシユビウミウシ(火脅し指海牛)』ユビウミウシ科方言名:別名:ゴシキユビ英名:分布:八丈島、四国以南生態:体色は褐色で、白やオレンジ、淡褐色の大小斑紋がタイル状に並ぶ   身体をくねらせて泳ぐ   体長7cm 「ナンダカワカラナイモノ」を見つけま

続きを読む