mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『ミナミハコフグ(南箱河豚)』ハコフグ科英名 yellow boxfish分布 相模湾以南体長 25cm幼魚はミナミハコフグ、成魚はハコフグが綺麗です潜るより浮いているときのほうが遭遇率高いです逃げる時に必ず振り返ってくれて、ラブリーなのです💕撮れなく

続きを読む

『メガネスズメダイ(眼鏡雀鯛)』スズメダイ科英名 speckled damselfish分布 神奈川県以南体長 5cm一昨年頃から、撮影にチャレンジしていた幼魚ですようやく撮れました体長1.5cmくらいのチビチビです(*´▽`)小さいけど鮮やかすぎて目立ちまくりですw写真3

続きを読む

うちなーほろほろ)母魚
2020年07月29日06:33

『ムラサメモンガラ(村雨紋柄)』モンガラカワハギ科方言名 いのーかーはじゃー英名 lagoon triggerfish、Picasso fish分布 房総半島以南体長 20cm観光するビキニや海パンの方々が、リゾートビーチでアタックされたとかケガしたとか言うネタに使われる魚で

続きを読む

『ホンソメワケベラ(本染め分け倍良)』ベラ科英名 bluestreak cleaner wrasse分布 房総半島以南体長 12cmソメワケベラという魚がいますそれより細いので、ホソソメワケベラと呼ばれていましたが、迂闊者がソとンを取り違えて登録してしまい、「ほんそめ」

続きを読む

『ヤエヤマギンポ(八重山銀宝)』イソギンポ科分布 琉球列島以南体長 12cm縄張り意識が強く、同種が入り込むと激しく攻撃をしかけますが、他種魚には無頓着で温厚に共存したりしています好奇心がやや強く、観察好きみたいです水深数十cmくらいの浅瀬に多いで

続きを読む

『イハラカンザシ(茨簪)』カンザシゴカイ科英名 X'mas tree worm分布 駿河湾以南体長 3cm今夏はイバカン少なめです涙大好きな生き物なので、少ないと興ざめします過去にも少ない年があって、「そのうち増えるかもしれない」と思って待っても結局増えな

続きを読む

『マンジュウヒトデ(饅頭人手)』コブヒトデ科方言名 うみばこ英名 cushion seastar分布 屋久島以南体長 30cm大好きハートな生き物に遭遇ですラッキーわーい(嬉しい顔)サンゴを食べる大型ヒトデで、かなりの重量がありますカクレエビを共生させますカラーバリエーシ

続きを読む

『フトユビシャコ(太指蝦蛄)』ユビシャコ科分布 相模湾以南体長 10cmサンゴ礁の浅瀬に巣を持ち、その周囲で過ごしている巣の出入口が2箇所あるため、「出てこないなぁ」なんて見ていたら、じつは背後から見られていた(///∇///)なんて事も… 浅瀬にいるか

続きを読む

『サラサハゼ(更紗鯊)』ハゼ科英名 whitebarred foby分布 和歌山県以南体長 10cm砂底に巣穴を持ち、その近くでペアで過ごしている大型ハゼです今夏はは独身が目立ちますなんとなく居心地が悪そうというかバツか悪そうにしていましたそのせいかどうかは分か

続きを読む

『イシヨウジ(石楊枝)』ヨウジウオ科英名 pipefish分布 和歌山県以南体長 15cm明るい場所にあるサンゴの上などを滑るように移動しています大きな区分ではタツノオトシゴと同じグループです魚が長細くなりヨウジウオヨウジウオが丸まりタツノオトシゴみたい

続きを読む

自律神経がおかしな感じで更年期障害かもしれないと思い命の母を飲んてみたけどサッパリなので海へと出かけてみましたよ🏖こんばんは命の母は確か1000円くらいだったけど出かけた海は0円なのに治療効果は絶大です(´∀`*)肩こり解消 食欲回復 耳鳴

続きを読む

『クチナシイロウミウシ』イロウミウシ科『コイボウミウシ』イボウミウシ科昨年だったら、ここに『ピカチュウ』も載ったのに…雷鼠今回は、大大大好き💕ヒラムシには会えず(*T^T)

続きを読む

『ルリホシスズメダイ(瑠璃星雀鯛)』スズメダイ科英名 jewel damsel分布 奄美大島以南体長 8cm水深10mていどまでの浅い場所に住みます幼魚はさらに鮮やかな星を持っていて、よりいっそう綺麗ですぴかぴか(新しい)藻を食べる草食魚で、藻畑を作り守ります深い場所に居

続きを読む

『デバスズメダイ(出歯雀鯛)』スズメダイ科英名 blue green chromis分布 奄美大島以南体長 8cm『フタスジリュウキュウスズメダイ(二筋琉球雀鯛)』スズメダイ科英名 reticulated dascyfish分布 伊豆半島以南体長 8cm大好きな魚ハートデバっちのおチビ達

続きを読む

『テンス(天須)』ベラ科英名 goddess razorfish分布 東京湾以南体長 35cm水深30mあたりのやや深い場所に生息する、美味しい魚…の幼魚です幼魚で、すでに水深20mに生息とは、さすが指でOK(?)ダイコンに叱られたので浅い場所へ戻ろうとした時に会いました

続きを読む

『ユリタツノコ(揺り龍の子/百合龍の子)』ヨウジウオ科英名 pontohi pygmy seahorse分布 沖永良部島以南体長 2cm今年、ようやく和名がついたとっても小さなタツノオトシゴです←というのは、事後、あれこれアレコレ調べて知りましたダイビング帰りの車内で

続きを読む

『チョウチョウコショウダイ(蝶々胡椒鯛)』イサキ科方言名 みーばいくれー英名 Harlequin sweetlips分布 高知県以南体長 50cm赤茶けた体に白い斑紋が7つあり、体をくねらせて泳ぎます説によると、(私が大大大好きな)ヒラムシに擬態しているのだとか( *´

続きを読む

『スカシテンジクダイ(透かし天竺鯛)』テンジクダイ科英名 lumminous cardinalfish分布 和歌山県以南体長 5cm体は半透明で、骨が透けて見えます夏になると、ガレ場や砂底にある根の周囲で大群をつくります群れの規模が季節の判断基準になりますたいがいは

続きを読む

『イロブダイ(色舞鯛)』プダイ科方言名 いらぶちゃー英名 bicolor parrotfish分布 琉球列島以南体長 80cm幼成雌雄で見た目が全く異なるのは、ベラだけではありません観光客に「オキナワのさかな」の代表として人気があるイラブチャーあの青と緑と紫とピン

続きを読む

『カンムリベラ(冠倍良)』ベラ科方言名 くさばー英名 crown coris分布 相模湾以南体長 1m『ノドグロベラ(喉黒倍良)』ベラ科別名 ゴイシベラ英名 leopard wrasse分布 和歌山県以南体長 12cm1枚目の写真の、左がカンムリベラ、右がノドグロベラのベビー

続きを読む

『ケヤリムシ(毛槍虫)』ケヤリムシ科英名 feather duster worm分布 南西諸島以南体長 10cm自分の粘液で棲管を作り、その中に入ってエラだけ海中に広げていますゴカイの一種ですエラは綺麗ですが、身体はかなり残念な姿をしていますスノーケリングでも容易

続きを読む

『イイジマウミヘビ(飯島海蛇)』コブラ科英名 Iijima sea snake分布 奄美大島以南体長 90cm有毒と言われて嫌われていますが、魚卵を専門に食べるヘビなので毒腺や牙は退化していて、しかもおちょぼ口←可愛いハートまずまず咬まれることはない(と信じてい

続きを読む

『オドリカクレエビ(踊り隠れ海老)』テナガエビ科分布 相模湾以南体長 3cm刺胞動物(イソギンチャク等)と共生し、訪れる魚の体表に着いている寄生虫などをついばむクリーナーシュリンプです体を左右に揺らしてクリーナーであることをアピールします隠れたい

続きを読む

『ナカモトイロワケハゼ(中本色分け鯊)』ハゼ科分布 沖縄県以南体長2.5cm和名は、発見者の中本純一氏(石垣島ダイビングスクール創始者)に因みます水深35m以下の深場に住むハゼですという事は、ダイビングが終わったあとに知りましたこの小さなハゼを見る“だ

続きを読む

カーチーベー(夏至南風)が収まりませんよ波こんばんはこれが収まらないと、大好きな(夏の糸満の)海に潜れない涙今年は仕事がドタバタし、副業アルバイトを始めたり、コロナ騒動で、恒例の“海神様初詣で”に行けなかった事が、この事態を生み出して

続きを読む

『ホオグロヤモリ(頬黒宮守)』ヤモリ科方言名 やーるー英名 house gecko体長 5cm人間の生活圏内に生息する外来種ですが、案外人気があったりなかったり(笑)夜行性で、自販機や(昔は電話ボックスや)お家の窓ガラスの向こうにくっついて、可愛らしく「ケチョ

続きを読む

『タバコ(煙草)』ナス科英名 tobacco原産 南米高さ50cmの一年草で、タバコの原料です葉を利用するので、花は“要らない物”咲くとすぐに摘み取られます今年も時期を逃さず、無事に花を撮れましたこんなに可愛らしいのに、ホントもったいないな〜と思います

続きを読む

うちなーほろほろ)宝石
2020年07月04日08:51

『キキョウラン(桔梗蘭)』ユリ科方言名 くぶぐさ英名 umbrella dracaena原産 インド分布 紀伊半島以南、海岸やや内陸自生花径 1cm 高さ1mの多年草で、沼縁などでひっそりと咲いている印象です思い切り反り返った花びらに、迷いは感じません(^w^)紫色の実

続きを読む

『ソテツ(蘇鉄)』ソテツ科方言名 すてぃち別名 ホウビショウ(鳳尾蕉)英名 sago palm原産 熱帯地域分布 宮崎県以南、海岸崖自生高さ3mの裸子植物です野生では断崖に生えています手入れ不要なので景観樹として公園などに植栽されます写真1枚目は雄、2枚目

続きを読む

うちなーほろほろ)半玉
2020年07月02日08:47

『オオジョロウグモ(大女郎蜘蛛)』ジョロウグモ科方言名 くぶ英名 golden web spider分布 奄美大島以南体長 5cm金色の糸で直径2mもの大きな巣を張る日本最大の造網性クモですレッグスパンは20cm近いです女郎というか、女帝ですね(^-^)クモはあまり一般ウ

続きを読む