mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『キンメモドキ(金目擬)』ハタンポ科方言名:あかじゃく別名:英名:pigmy sweeper 分布:千葉県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   沖合いの根にある岩穴などに群れていて、最盛期には数千尾超の大群となり根を覆う   顔から胸びれあたりまでは黄色く体の後半

続きを読む

『ハナヒゲウツボ(花髭打保)』ウツボ科方言名:うーじ別名:英名:ribbon eel 分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   砂礫底に巣穴を持ち、10cm ほど頭を出している   エサを狙う際は50cmほど出てくる   幼魚は黒色で背びれは黄色、成魚は鮮やかな青色

続きを読む

『エラブウミヘビ(えらぶ海蛇)』コブラ科方言名:いらぶー別名:英名:Chinese seasnake 分布:南西諸島以南生態:サンゴ礁に生息   深さ20m辺りを好む   ウミヘビ類の中では比較的遅くに海へ進出したと考えられている   海岸岩場の隙間で昼寝をしたり、産卵

続きを読む

『キイロハギ(黄色剥ぎ)』ニザダイ科方言名:くすく別名:英名:yellow tang分布:高知県以南生態:サンゴ礁に生息   ヒレが大きく伸びている   全身鮮やかな黄色で、尾柄基部に白いトゲがある   観賞魚として人気がある   体長20cm ニシキヤッコよりさら

続きを読む

『ハタタテハゼ(旗立て鯊)』ハゼ科方言名:別名:英名:fire goby 分布:伊豆半島以南生態:サンゴ礁に生息   転石の多い砂地や岩場の海底から約20cmほど浮いていて、ペアで行動する   必ず背後が壁状になっている場所にいる   幼魚のうちは数尾の群れを作る

続きを読む

『イロブダイ(色舞鯛)』ブダイ科方言名:いらぶちゃー別名:英名:bicolor parrotfish 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息  メスは 他のブダイ類と混泳する   オスは礁縁に縄張りを作る   南下するほど生息数が増加する   成長過程と雌雄で体色や斑紋

続きを読む

『アオギハゼ(仰ぎ鯊)』ハゼ科方言名:別名:英名:bluestripe pigmygoby 分布:八丈島、紀伊半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   体色は金色を帯びたオレンジ、体側に青い線がある   尾基部はピンク色で黒点がある   洞窟や岩陰などで群れている   常に

続きを読む

『ナンヨウツバメウオ(南洋燕魚)』スダレダイ科方言名:かーさ別名:英名:bat fish 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   稚魚は枯葉に似ていて、夏に港や入江で枯葉やゴミとともに漂っている   警戒心が強く近寄るのは困難   体長40cm 大変に良く似

続きを読む

『バイカナマコ(梅花海鼠)』マナマコ科方言名:ガジマル別名:英名:pineapple seacucumber 分布:沖縄以南生態:サンゴ礁に生息   大型ナマコ   動きは遅いがキュビエ官を持たない   背面にあるイボ足が基部でくっつき合い星形や花形になっている   食用

続きを読む

『メガネゴンベ(眼鏡権兵衛)』ゴンベ科方言名:別名:英名:ringeyed hawkfish 分布:紀伊半島以南『ホシゴンベ(星権兵衛)』ゴンベ科方言名:別名:英名:blacksided hawkfish 分布:紀伊半島以南『ヒメゴンベ(姫権兵衛)』ゴンベ科方言名:別名:英名:coral hawkfish 分

続きを読む

『アケボノチョウチョウウオ(曙蝶々魚)』チョウチョウウオ科  方言名:別名:英名:blackbuck butterflyfish 分布:紀伊半島以南生態:サンゴ礁に生息   小さな群れを作ることがある   体色は白、体の周囲を縁縁取るように、ヒレが黄色   背ビレから斜め前

続きを読む

『キホシスズメダイ(黄星雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:yellowspotted chromis分布:小笠原諸島、伊豆半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   群れで行動する   群れのピークは7月   2013年に新種登録された   体長10cm たくさんいるのに最近まで

続きを読む

『セグロマツカサ(背黒松笠)』イットウダイ科方言名:別名:英名:分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   洞窟や岩穴で群れている   暗がりからめったに出ない   体色は銀色で、ヒレの赤色がよく目立つ   体長20cm あまり見かけない魚だなぁと思

続きを読む

『アカメハゼ(赤目鯊)』ハゼ科方言名:別名:英名:hovering goby分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   内湾のミドリイシ系サンゴの周囲で群れている   サンゴの先端に乗っている   警戒するとサンゴから離れ、ホバリングする   背中は透明、腹は黄色

続きを読む

『ササガニユリ(細蟹百合)』ヒガンバナ科方言名:別名:英名:spider lily 原産:西インド諸島分布:長崎県以南生態:高さ80cm の多年生草本   散形花序に花弁の一部が伸びた純白の花を咲かせる   半耐乾性   芳香あり   花径20cm   夏期6〜7月こちらも

続きを読む

『シマサルスベリ(島百日紅)』ミソハギ科方言名:しるふぁごーぎー別名:タイワンサルスベリ英名:原産:華南分布:屋久島以南生態:高さ7mの落葉高木   山林自生   樹皮はあまり滑らかではなく、夏は白っぽく冬は褐色   樹皮が剥げて白まだらになってしまう

続きを読む

『サガリバナ(下がり花)』サガリバナ科方言名:きーふじ別名:サワフジ英名:common putat原産:熱帯アジア分布:奄美大島以南生態:高さ6mの常緑高木   マングローブやや上流の河川湿地に自生   総状花序が長さ30cmほど下垂し、夜間のみ上から咲き下がる  

続きを読む

『ハナシュクシャ(花縮紗)』ショウガ科方言名:別名:英名:white ginger 原産:インド、マレーシア分布:生態:高さ1mの多年生草本   花は総状花序で純白またはピンク色   江戸時代に渡来   精油を採り香水の原料にすることがある   芳香あり   花径8cm

続きを読む

『コクテンフグ(黒点河豚)』フグ科方言名:別名:ヨゴレフグ英名:blackspotted puffer 分布:南西諸島以南生態:サンゴ礁に生息   物陰でじっとしている   灰色の身体に黒点が不規則に入っているが、色彩変異が多い   非常に臆病   体長30cm 隙間に詰ま

続きを読む

『ゴンズイ(権端)』ゴンズイ科方言名:別名:英名:Japanese eel catfish 分布:紀伊半島以南生態:岩礁に生息   幼魚若魚は密集性が強く、全体がボール状になり移動する   密集群の形を保ったまま海底の有機物など捕食しながら進む   群れの最後尾が先頭ま

続きを読む

『イイジマウミヘビ(飯島海蛇)』コブラ科方言名:別名:英名:Iijima seasnake分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   同体は丸めでやや太い   体色地は白、黒帯が入る   魚卵を食べ、生きたエサを補食しないため牙や毒腺は退化した   卵胎生で長さ30cm

続きを読む

『アオヤガラ(青矢柄)』ヤガラ科方言名:ひふちゃー別名:英名:cornet fish 分布:北海道以南生態:砂地に生息   海底付近を単独で泳いでいる   身体は長い円筒形で、吻が長く尾ビレも細長いため、全体像は枝状   体色は青白く、感情の変化により濃淡が変わ

続きを読む

『マンジュウヒトデ(饅頭人手)』コブヒトデ科方言名:うみばこ 別名: 英名:cushion sea star 分布:屋久島以南 生態:サンゴ礁に生息    幼体は星形だが成長とともに五角形に肥大する    色彩変異が多い    サンゴのポ

続きを読む

『ジャノメナマコ(蛇目海鼠)』クロナマコ科方言名:めはやー別名:英名:leopard seacucumber分布:小笠原諸島、奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   砂底で有機物を漁りながら暮らしている   身体は円筒形で腹側は偏平   体色地は白、黒点を中心に黄色が囲

続きを読む

うちなーほろほろ)習作
2019年07月05日06:56

『ケヤリムシ(毛槍虫)』 ケヤリムシ科 方言名: 別名: 英名:feather duster worm 分布:南西諸島以南 生態:サンゴ礁に生息    粘液でできた棲管に住むゴカイの一種    イシサンゴ類に穴をあけて住んでいる  

続きを読む

うちなーほろほろ)親子
2019年07月04日06:57

『ヒレナガスズメダイ(鰭長雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:Behn's damselfish 分布:高知県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   幼成で体色が異なる   群れは作らず単独で行動する   成魚はヒレが長い   体長12cm ようやく、親子で掲載できました

続きを読む

『卵塊』ピンクのリボンのようなヒラヒラした綺麗な飾りリボンこれ、ウミウシの卵の塊です(*^^*)ダイビングしていてもたまに見かけますが、2枚目の写真を拡大してみると、小さな粒々が確認できるかと思いますが、その粒ひとつ一つが卵です粘液でキシメン状に

続きを読む

『ブュッシュドノエルウミウシ』ドーリス科あまりにもデカかったし、季節的にウミウシは居なくなるのだし、浅瀬だしこのコは絶対にアメフラシだと思いました二次エラがあるのだからウミウシなのは、ウミウシ好きからすれば当たり前なのかもしれませんが、ウミ

続きを読む

『オキナワキヌハダウミウシ(沖縄絹肌海牛)』フシダウミウシ科ゼリービーンズみたいな、綺麗で可愛らしいウミウシに遭遇しました浅瀬は明るいので、カラフル派の小さなもの達はよく映えます(*^^*)私が自力でウミウシを見つけるのは、とっても珍しいことなので

続きを読む