mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『ハマクマノミ(浜隅魚)』スズメダイ科方言名:いぬびー別名:英名:tomato clown fish 分布:鹿児島県以南生態:サンゴ礁に生息   タマイタダキイソギンチャクと共生する   体色は赤みの強いオレンジ色で、顔に白線がある   幼魚は顔以外に2本の白線がある

続きを読む

『クロメガネスズメダイ(黒眼鏡雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:princess damsel 分布:三宅島以南生態:サンゴ礁に生息   礁斜面で単独行動   幼魚や若魚はカラフルだが、成魚は褐色や藍色の単色   背ビレに眼状斑がある   体長7cm マイイントラ

続きを読む

『イソバナモドキ(磯花擬)』イソバナ科方言名:別名:英名:分布:生態:サンゴ礁、岩礁に生息   潮通しのよい岩場で集合体を作る刺胞動物   集合体は色彩に富む   海中を流れるプランクトン等をポリプで捕食する   体長2mm(集合体長約20cm)イソギンチャク

続きを読む

『ドクウツボ(毒打保)』ウツボ科 方言名;いしぶら別名:英名:giant moray 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   岩などの隙間に隠れていることが多い   体色は茶褐色で、黒い斑点が密集する   性質は穏和で、クリーナーフィッシュに付きまとわれてい

続きを読む

『ミナミハタンポ(南葉丹宝)』ハタンポ科方言名:かたじら、うふみー別名:英名:black striped sweeper 分布:小笠原諸島、房総半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   岩穴内の暗がりで群れる   体は扁平、尾部が極端に細く、目が大きい   体色は暗銀色で、

続きを読む

『アダン(阿檀)』タコノキ科方言名:別名:英名:screw pine原産:熱帯分布:トカラ列島以南生態:高さ6mの常緑中木   海岸自生   海岸最前線で群落をつくり海岸林を構築する   太い枝を疎らに広げ、支柱根を下垂させて生い茂る   葉は長さ2m、固い革質で縁

続きを読む

子供らは夏休みが始まりましたねこんばんは夏休みどころではない子供達も大勢いそうですが…夏にしか体験できない事を経験してもらいたいですね私は(^^)ゞ夏だからこそexclamationを見に行きましたよ今日のぷくぷく熱帯魚テーマ『太陽を見にいってみよー!グッド(上向き矢印)

続きを読む

『タイワンレンギョウ(台湾蓮翹)』クマツヅラ科方言名:別名:ハリマツリ英名:duranta,goldendrop sky flower原産:中米分布:-生態:高さ3mの常緑中木   観賞用花木   明治時代中期に渡来   生け垣や街路樹として利用   枝に小さなトゲがある   花は長

続きを読む

『トウツルモドキ(藤蔓擬)』トウツルモドキ科方言名:はぶいぎー、くじ別名:英名:原産:分布:徳之島以南生態:常緑のツル性草本   ツルの長さ10m   日当たりが良い海岸林や山林の縁に自生   長さ20cm の葉の先端は巻きひげ状になっており、絡み付くこ

続きを読む

『サンダンカ(三段花)』アカネ科方言名:別名:サンタンカ英名:ixora原産:マレー半島分布:-生態:高さ1mの常緑低木   観賞用花木   江戸時代中期に渡来   沖縄三大名花のひとつ   花は枝先の散房花序に半球形につき、花柄が三段あるため花期中に3回咲く

続きを読む

『マルバデイゴ(丸葉梯梧)』マメ科方言名:別名:英名:原産:南米分布:-生態:高さ5mの落葉中木   アメリカデイゴの変異種   江戸時代末期に渡来   花は穂状花序につき、丸く大きな旗弁と雄しべを包む竜骨弁がある   花色は真紅まれに赤茶色   花径8cm

続きを読む

『ヤコウカ(夜香花)』ナス科方言名:別名:ヤコウボク英名:night jasmine 原産:西インド諸島分布:生態:高さ3mの常緑中木   園芸花木   花は総状花序につき、長さ1.5cmほどのクリーム色の筒状花を密に咲かせる   花後に球形の白い液果をつける   果実は

続きを読む

『カカオ(加加阿)』アオギリ科方言名:別名:ココアノキ英名:cacao 原産:熱帯アメリカ分布:-生態:高さ10mの常緑高木   園芸果樹   花は幹に直接着き、星形の小花が多数集まって咲く   径10cm、長さ20cm の果実も幹からぶら下がるように結実する   チョ

続きを読む

台風は家族計画間違えてると思うな家族こんばんは次から次へと台風が生まれております本日たまたま連休だったので、喜屋武(きゃん)岬(本島最南端にある岬)ダイビングを予定しておりましたが(TT)海況よろしくなく、今日は諦めました来週に延期です←喜屋武

続きを読む

『ケガキ(毛柿)』カキノキ科方言名:別名:英名:velvet apple,butter fruit 原産:フィリピン分布:-生態:高さ15mの常緑高木   園芸果樹   雌雄異株   心材は黒く、青黒檀と呼ばれ高級家具や楽器類の材料になる   花は国産カキノキ科とほぼ同じだが、果実

続きを読む

『ゴバンノアシ(碁盤の脚)』サガリバナ科方言名:別名:英名:fish poison tree 原産:熱帯分布:石垣島以南生態:高さ6mの常緑高木   マングローブ自生   花は総状花序につき、薄ピンク色に染まる雄しべを多数出して、上向きに咲く   種子は軽く固い殻に守ら

続きを読む

『フウラン(風蘭)』ラン科方言名:別名:英名:原産:日本分布:紀伊半島以南生態:高さ20cm の多年生草本   着生ラン   うどん程の太さがある根で樹木などに着く   花は純白で5弁で、やや反り返る   花下には長い距がある   芳香あり   富貴蘭の原種 

続きを読む

『イソノギク(磯野菊)』キク科方言名:別名:英名:原産:日本分布:奄美大島以南生態:高さ30cm の多年生草本   海岸自生   岩場や海岸近くの草地に生える   沖縄島では西海岸の一部にのみ分布   絶滅危惧B(環境省)   花径3cm    花期5〜8月「

続きを読む

夏バテか
2018年07月15日20:51

暑い三連休が始まったらしいですよ晴れこんばんは私は仕事だ朝7:00に家を出て、昼休みにスマホを見ようとしたら、音沙汰なししばらく電源スイッチを押したり引いたり(は出来ないあせあせ)うんともスントモ言わないスマホ17:00頃、帰宅しながら電話屋さんへ行

続きを読む

『ササガニユリ(細蟹百合)』ヒガンバナ科方言名:別名:英名:spider lily 原産:西インド諸島分布:生態:高さ80cm の多年生草本   半耐乾性の球根植物   来歴不明だが、観賞用に栽培されており、一部逸脱し野生化している   花は散形花序につき、白い花弁と

続きを読む

『ハマユウ(浜木綿)』ヒガンバナ科方言名:ふくる別名:ハマオモト英名:swamp lily 原産:東南アジア分布:千葉県以南生態:高さ50cmの多年生草本   海岸自生   花は散形花序につき、白い花弁と長い雄しべを持つ   花弁は細長く、先端はカールする   種子

続きを読む

『ツバメタナバタウオ(燕七夕魚)』タナバタウオ科方言名:別名:英名:Randall's devil fish 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   洞窟入口などやや暗い場所に数尾で群れる   腹を岩肌側に向けて泳ぐ   体色は美しい青藍色   尾ビレは深く2裂する 

続きを読む

『ジョーフィッシュ( )』アゴアマダイ科方言名:別名:英名:jaw fish 分布:生態:サンゴ礁に生息   ガレ場の砂地に巣穴を掘り、頭だけ出している   サンゴや貝殻の欠片で巣の入り口を組みあげ、最後にフタをする   体色は茶、黒、黄、オレンジ色などだが

続きを読む

『イシガキリュウグウウミウシ(石垣龍宮海牛)』フジタウミウシ科方言名:別名:英名:分布:生態:体色は濃紺で、背面にオレンジや黄色の線が縦走しており、触角間や鰓部では黄緑色になる   クロスジリュウグウウミウシ属を捕食する   体長10cm クジラの化石が

続きを読む

『クジラの化石』豊見城(とみぐすく)市翁長(おなが)豊見城市の美らSUN(ちゅらさん)ビーチの沖約1Kmにある無人島「岡波(おかは)島」の、南西岸にある化石です今回のぷくぷく熱帯魚は、この化石を見ることが目的でした写真1枚目に写る白いボートから、パチャパ

続きを読む

『ルリホシスズメダイ(瑠璃星雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:jewel damsel 分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   水深12mまでの浅瀬で単独生活をする   体色は暗褐色で、体側に青い小斑点が散在する   幼魚の体色は黄緑色で鮮やかな瑠璃色の斑

続きを読む

『ヨイミヤミノヒラムシ(宵宮簑平虫 )』ミノヒラムシ属生態:サンゴ礁に生息   身体は楕円形   体色は黒で縁は白く、先端が丸く黄色い粒状突起がある   触葉先端は尖る   体長3.5cm    『ヒラムシ(平虫)』

続きを読む

『ソライロイボウミウシ(空色疣海牛)』イボウミウシ科方言名:別名:英名:分布:伊豆半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   体色は水色がかった白色で、背面の突起先端は黄色く、背中に黒線がある   体長4cm 海水温が上がり、海中も“夏”の様相ですウミウシ

続きを読む

『マルスズメダイ(丸雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:ovate chromis 分布:三宅島、沖縄島以南生態:岩礁に生息   やや深い岩場で生活する   体色は淡いオリーブ色で、身体の縁は水色のグラデーションになっている   一生を同じ場所で過ごす   幼

続きを読む

『フタイロカエルウオ(二色蛙魚)』イソギンポ科方言名:別名:英名:bicolor blenny 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   岩やサンゴの隙間を好む   体色は前半身は青藍色、後半身はオレンジ色   体色には地域変異がある   体長8cm 根の頂上に向けて

続きを読む