mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『イシガキカエルウオ(石垣蛙魚)』イソギンポ科方言名:別名:英名:smiley brenny分布:八丈島、屋久島以南生態:サンゴ礁に生息   サンゴ礁の小さな隙間から顔を出している  体は白く、体側に黒点がある   口の下に黒線がある   体長5cm サンゴから

続きを読む

『クロハコフグ』ハコフグ科方言名:別名: 英名:whitespotted boxfish分布:紀伊半島以南生態:サンゴ礁に生息   岩肌に沿うように移動している   雌雄老若で色柄が異なる   警戒心が強くすぐに逃げ出すが、隠れる寸前に振り向き確認する   体表に粘液毒

続きを読む

『ヒトミハタ(瞳羽太)』ハタ科方言名:みーばい別名:英名:greasy grouper分布:小笠原諸島、三重県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   体側と胸ビレに茶褐色ないし黒い斑点があり網目模様を呈する   食用可   体長60cm また今回もお会いしました不動の『ヒ

続きを読む

『カンザシヤドカリ(簪宿借り)』ホンヤドカリ科方言名:別名:英名:coral harmit crab分布:紀伊半島以南生態:サンゴ礁に生息   貝殻を背負わないヤドカリ   体は真っ直ぐしており、イバラカンザシの孔に住む   毛深い第二触角をもつ   ハサミは白で茶褐

続きを読む

うちなーほろほろ)習作
2019年06月26日06:58

『ケヤリムシ(毛槍虫)』ケヤリムシ科方言名:別名:英名:feather duster worm分布:南西諸島以南生態:サンゴ礁に生息   粘液でできた棲管に住むゴカイの一種   イシサンゴ類に穴をあけて住んでいる   頭部にある大きなエラを広げ、海中のプランクトンを捕

続きを読む

『キンセンイシモチ(金線石持ち)』テンジクダイ科方言名:別名:英名:goldstriped cardinalfish 分布:駿河湾以南生態:岩礁に生息   黄色の体に白い5本の縦線がある   岩場の窪みなどで群れる   雄が卵塊を口内で保護し、孵化後も口内保育を行う   体長6

続きを読む

『カサノリ(傘海苔)』カサノリ科方言名:別名:英名:mermaid wineglass 分布:奄美大島以南生態:内湾の砂地に生息   穏やかな場所を好む   円錐形の傘と最大10cmの柄を持つ巨大な単細胞の緑藻   胞子枝により増殖する   日本固有種   絶滅危惧種  

続きを読む

『オトヒメエビ』オトヒメエビ科方言名:別名:英名:barber pole shrimp 分布:房総半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   つがいで岩穴などで暮らしている   ハタやウツボなどの大型肉食魚専用のクリーナー   体長6cm 今回からは、先日でかけたスノーケリ

続きを読む

『シロタエイロウミウシ(白妙色海牛)』イロウミウシ科『レモンウミウシ(檸檬海牛)』センヒメウミウシ科『タテヒダイボウミウシ(縦襞疣海牛)』イボウミウシ科みんな大きなウミウシ達でした1.5cm以上はありましたガイド嬢が“探さしだしてくる”ガイディングを

続きを読む

『クモウツボ(雲打保)』ウツボ科方言名:別名:英名:stary moray分布:小笠原諸島、高知県以南生態:サンゴ礁に生息   小型で穏和   体色は白から淡黄色、黒い模様がある   サンゴ礁の隙間に隠れている   体長60cm 私が真面目に撮っていたので、ガイド嬢

続きを読む

『スミツキトノサマダイ(墨付殿様鯛)』チョウチョウウオ科 方言名:かーさー別名:英名:bluebloch butterflyfish 分布:駿河湾以南生態:サンゴ礁に生息   頭部には目を通る黒帯がある   体側に青い楕円斑があり、尾柄に白く縁取られた黒斑がある   体型は

続きを読む

『ルリホシスズメダイ(瑠璃星雀鯛)』スズメダイ科方言名:別名:英名:jewel damsel 分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   水深12mていどまでの浅瀬に縄張りをもつ   藻類を食べる草食性で、縄張り内に自分専用の藻畑を持っている   体長8cm 岩陰から突

続きを読む

『フエヤッコダイ(笛奴鯛)』チョウチョウウオ科方言名:かーさー別名:英名:forceps fish 分布:紀伊半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   礁斜面や縁に多い   吻が著しく細長い   吻をサンゴの隙間にさしこみ、小動物を食べる   体長15cm ただでさえ普

続きを読む

『ロクセンスズメダイ(六線雀鯛)』スズメダイ科方言名:あやびかー別名:英名:scissortail sergeant 分布:伊豆諸島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   群れをつくる   体側に黒い横帯が4本と、尾ビレ上下に1本ずつある   岩場の窪みに集団産卵し、雄がこれ

続きを読む

『トゲチョウチョウウオ(刺蝶々魚)』チョウチョウウオ科方言名:かーさー別名:英名:thread fin butterfly fish 分布:千葉県以南生態:サンゴ礁に生息   ペアで行動する   背ビレの一部が長く伸びている   体長20cm なんだか最近、どこに行っても“やたら

続きを読む

『ノボタン(野牡丹)』ノボタン科方言名:みーふぁんか別名:英名:原産:日本分布:奄美大島以南生態:高さ1mの常緑低木   山林自生  林道などの日当たりの良い場所を好む   花は枝先に輪生し、赤紫色まれに白い花を咲かせる   壷形の液果をつける   液果

続きを読む

『イジュ(伊集)』ツバキ科方言名:いじゅ別名:ヒメツバキ英名:原産:日本分布:奄美大島以南生態:高さ7mの常緑高木   山地二次林内に自生   酸性土壌を好む   葉は枝先に輪生し、花序は頂生   花は白、シベは黄色でコントラストが美しい   材は耐蟻性

続きを読む

『キオビエダシャク(黄帯枝尺)』シャクガ科 方言名:チャーギムシ別名:英名:orange banded pine moth分布:種子島以南生態:里山に生息   幼虫がイヌマキを食害するため駆除の対象   翅は濃紺でオレンジの太い帯模様があり、黒斑点がある   翅基部から身

続きを読む

『ハマユウ(浜木綿)』ヒガンバナ科方言名:ふくる 別名:ハマオモト英名:swap lily 原産:東南アジア分布:関東地方以南生態:高さ50cmの多年生草本   海岸自生   茎頂の散形花序に反り返ってカールした花弁をもつ花を輪生させる   種子はコルク質で、海水

続きを読む

『ハマニンドウ(浜忍冬)』スイカズラ科方言名:ちんぢんそう別名:イソニンドウ英名:honysuckle vine原産:華南分布:和歌山県以南生態:ツル性の多年生藤本   ツル長2m   海岸自生   花は白色をしており、次第に黄色く変化して落ちる   葉茎は漢方薬に利

続きを読む

『ホウライカガミ(蓬莱鏡)』キョウチクトウ科方言名:ひんかじらー別名:英名:原産:インド分布:喜界島以南生態:ツル性の多年生藤本   ツル長5m   海岸自生   花は集散花序に淡黄色の小花を咲かせる   全草にアルカロイド系毒素を含む   オオゴマダラ

続きを読む

『シカクマメ(四角豆)』マメ科方言名:別名:英名:原産:東南アジア分布:生態:ツル性の一年生草本   沖縄の夏期野菜不足を補うために1980年代に研究改良された野菜   害虫がつきにくく無農薬栽培が可能   葉、実、地下茎まで食用可   冷蔵保存不可  

続きを読む

『インドゴムカズラ(印度護謨蔓)』ガガイモ科方言名:別名:英名:tudia rubber vine原産:インド分布:生態:常緑ツル性藤本   ツルの長さ3m   花は赤紫色の筒状で、5裂している   樹液が白いゴム質で有毒   花径5cm    花期5〜12月

続きを読む

『オオゴチョウ(黄胡蝶)』マメ科方言名;あこぅてぃ別名:ヒメホウオウボク英名:peacock flower 原産:西インド諸島分布:生態:高さ3mの常緑低木   花は橙黄色で、円錐花序の下から咲き上がる   枝は細くくねくのと歪曲し、トゲが多い   沖縄三大名花のひと

続きを読む

『マンジュウヒトデ(饅頭人手)』コブヒトデ科方言名:うみばこ別名:英名:cushion sea star 分布:屋久島以南生態:サンゴ礁に生息   幼体は星形だが成長とともに五角形に肥大する   色彩変異が多い   サンゴのポリプを補食する   体長30c

続きを読む

『アカハチハゼ(赤鉢鯊)』ハゼ科方言名:いーぷー別名:英名:bluebanded glider goby 分布:和歌山県以南生態:サンゴ礁に生息   主に転石帯に巣をもち、いつもペアで行動している   体色は白で背中は青灰色、顔は黄色く目の下に水色のラインがある   死ぬ

続きを読む

『ゴマモンガラ(胡麻紋柄)』モンガラカワハギ科方言名:かーはじゃー別名:英名:Titan trigger fish 分布:相模湾以南生態:サンゴ礁に生息   大型種   サンゴ礁の外縁の海底でエサをあさっている事が多い   転石をくわえてどかしたりサンゴを噛み砕いて、

続きを読む

『ヒトミハタ(瞳羽太)』ハタ科方言名:はやーみーばい、みーばい別名:英名:greasy grouper分布:小笠原諸島、三重県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   体側と胸ビレに小さな茶褐色や黒の斑紋があり、網目模様をつくる   食用可   体長60cm 『みーばい』と

続きを読む

『ヒブダイ(緋舞鯛)』ブダイ科方言名:いらぶちゃー別名:英名:blue barred parrotfish 分布:三浦半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   大型種   雌雄で色彩が異なる   雄の体色は薄茶色時に水色の横帯がある   雌は横帯が不明瞭   尾ビレ縁と口周囲

続きを読む

『コロダイ(胡盧鯛)』イサキ科方言名:くれー別名:英名:pointed sweetlips 分布:茨城県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   幼成で色や形が著しく異なる   成魚は明灰色地にオレンジの斑点が並ぶ   あまり動き回らずじっとしている   食用可   体長60cm

続きを読む