mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『オウゴンニジギンポ(黄金虹銀宝)』イソギンポ科方言名:別名:英名:yellowtail fangblenny 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   岩壁の穴を巣に利用し、海底より少し浮いた状態で漂っている   体色は青みの強い灰色と黄色   目を通る黒線がある  

続きを読む

『ツバメタナバツウオ(燕七夕魚)』タナバタウオ科方言名:別名:英名:Randall ' s devilfish 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   洞窟入り口などのやや暗い場所で、数尾で群れている   腹を岩壁側に向けている   体色は藍色、尾ビレが深く二裂してい

続きを読む

『ネッタイミノカサゴ(熱帯簑笠子)』フサカサゴ科方言名:あふぁー別名:英名:spotfin lionfish 分布:小笠原諸島、伊豆半島以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   岩陰などに隠れじっとしている   胸ビレの膜は小さく、軟条は白または赤色   背ビレの膜に黒褐

続きを読む

『ゴマチョウチョウウオ(胡麻蝶々魚)』チョウチョウウオ科方言名:かーさー別名:英名:speckled butterflyfish 分布:千葉県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   単独、または数尾の群れで行動する   体は長楕円形で、偏平   体色は淡いレモン色、体側に青み

続きを読む

『ミスジチョウチョウウオ(三筋蝶々魚)』チョウチョウウオ科方言名:かーさー別名:英名:oval butterflyfish 分布:相模湾以南生態:サンゴ礁に生息   成魚はペアで行動し、稚魚幼魚はサンゴの隙間から出てこない   体は長楕円形で、偏平   吻の先端は丸い

続きを読む

『クロスズメダイ(黒雀鯛)』スズメダイ科方言名:くるびらー別名:英名:bowtie damsel 分布:奄美大島以南生態:サンゴ礁に生息   成長にともない体色と紋が著しく変化する   成魚は全身が青みがかった黒色   幼魚は白地、背中は黄色で鰭は蛍光水色で縁は黒

続きを読む

『インドケヤリ(印度毛槍)』ケヤリムシ科方言名:別名:駅前:feather duster worm分布:南西諸島以南生態:サンゴ礁に生息   ゴカイの1種   イシサンゴ類に巣穴を作る   粘液で固めた棲管をもつ   管から大きな鰓兼触手を出し、プランクトンを補食する 

続きを読む

三男うっしっし(ネコ)の療法食をアマゾンから買ったので、クロネコさんが届けてくれるのを待っています午前中に受け取り指定なので、自宅待機中三女うっしっし(ネコ)をあぐらに乗せて、スマホいじりで時間潰し中大人しく寝ていた三男うっしっし(ネコ)がやって来て、あぐら争奪戦衝撃

続きを読む

『マンジュウヒトデ(饅頭人手)』コブヒトデ科方言名:うみばこ別名:英名:cushion sea star分布:屋久島以南生態:サンゴ礁に生息   若いうちは星形で、成長とともに肉厚になり、最終的には五角形となる   体表に小さな突起が多数ある   体色は多彩で、ドッ

続きを読む

『アセウツボ(褪打保)』ウツボ科方言名:別名:英名:peppered moray 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁に生息   極めて浅い海で生活する   半夜行性で、岩やサンゴの隙間に隠れている   顎に鋭い歯をもつ   魚類を食べる肉食性   体長1mウツボっコです

続きを読む

『ムラサメモンガラ(村雨紋柄)』モンガラカワハギ科方言名:いのーかーはじゃー別名:英名:lagoon trigger fish, Picasso fish分布:東京湾以南生態:サンゴ礁に生息   波が静かな浅い海で生活する   縄張り意識が強く、特に産卵期は攻撃性が高まる   歯を

続きを読む

『テンクロスジギンポ(点黒筋銀宝)』イソギンポ科方言名:別名:英名:piano fang blenny 分布:相模湾以南生態:サンゴ礁に生息   水深5m前後の海底に住み、塊状ハマサンゴなどに巣穴をもつ   細長い円筒形の身体をしている   体色は白   体側に黒褐色の

続きを読む

『マイソルヤハズカズラ(まいそる矢筈葛)』キツネノマゴ科方言名:別名:英名:clock vine 原産:インド分布:生態:常緑ツル性藤本   ツルの長さ10m   ツルの節から花穂を伸ばし総状花序に黄色と紅色の長楕円形の花を咲かせる   花穂は最長1m、花は基部

続きを読む

『ツツジ(躑躅)』ツツジ科方言名:ちちんばな別名:英名:azalea 原産:アジア分布:北海道以南生態:高さ4mの常緑中木   観賞用園芸品種が多数作出され、自生は準絶滅危惧種   枝先の総状花序に筒形の花を咲かせる   花径5cm    花期2〜5月遠路遥々

続きを読む

『サキシマスオウノキ(先島蘇芳木)』アオイ科方言名:しーわーぎー別名:英名:looking glass tree 原産:熱帯アジア分布:奄美大島以南生態:高さ15mの常緑高木   マングローブの後背湿地に自生   幹の下部が板根状になる   円錐花序に汚黄色の小花を多数咲

続きを読む

『コモウセンゴケ(小毛氈苔)』モウセンゴケ科方言名:別名:英名:sun dew 原産:東南アジア分布:宮城県以南生態:高さ数cmの多年生草本   食虫植物   山野自生   日当たりがよく適度に湿った崖面を好む   根出葉はヘラ形で、葉柄も含めて約2cm   葉の表

続きを読む

『ハクサンボク(白山木)』スイカズラ科方言名:めーしーぎー別名:イセビ英名:原産:東アジア分布:山口県以南生態:高さ4mの常緑中木   山野自生   若枝は緑色で後に帯紫色になる   新しい枝先の散房花序に臭気のある小花を咲かせる   水上げが良いため花

続きを読む

年に1回の大移動車(RV)うっしっし(ネコ)うっしっし(ネコ)うっしっし(ネコ)うっしっし(ネコ)にゃんズ4のワクチネーション注射セレモニー今年も行ってまいりました今年は“黒いひとたち”と“色柄もの”に分け、2大キャリーを抱えて動物病院の階段昇降を1回で済ませました力こぶ3種混合不活化ワ

続きを読む

『トベラ(扉)』トベラ科方言名:とぅびらぎー別名:トビラノキ英名:Japanese cheeseweed 原産:東アジア分布岩手県以南生態:高さ3mの常緑低木   海岸自生   雌雄異株   艶のある葉を枝先に輪生させる   葉は揉むと悪臭を放つ   枝先の総状花序に小花を

続きを読む

『オカヤドカリ(陸宿借り)』オカヤドカリ科方言名:あまん別名:英名:terrestrial hermit crab 分布:小笠原諸島、南西諸島以南生態:森林内の水辺に生息   成体は陸棲のヤドカリで、木登りが得意   気温15℃以下で冬眠する   幼体は黒潮に乗り紀伊半島付近

続きを読む

『オキナワシリケンイモリ(沖縄尻剣井守)』イモリ科方言名:そじむやー別名:英名:sword tail newt分布:沖縄島および周辺離島生態:アカハライモリの近縁種   流れの穏やかな河川や沼地、水溜まりなどに生息   体内にテトロドトキシンを含む   南西諸島固

続きを読む

『イシガキチョウ(石垣蝶)』タテハチョウ科方言名:はびる別名:英名:分布:紀伊半島以南生態:渓谷や疎林内に生息   ハサミで切り込みを入れたような形の羽根をもつ   羽根には茶褐色の石垣模様がある   オスは羽根を広げたまま地面で吸水する   体長3cm

続きを読む

『コケ(苔)』湿った環境を好むものが多い非維管束植物小型で、多くは高さ数cm土、岩、他動植物上に生息し、主に無性生殖を行う苔類、蘇類、ツノゴケ類に大別される玉城城跡がある崖下に残る林内をハイキングしてみました玉城の一帯は水が豊富で、林内は湿度が

続きを読む

『太陽の門』南城(なんじょう)市 玉城(たまぐすく)標高180mの断崖上に築かれた玉城城(たまぐすくじょう)跡にある城門石灰岩をくり貫かれてつくられている形はゴホウラ(護法螺貝/スイショウガイ科)に似せたと言われている夏至の日の出が門の中央を通過すること

続きを読む

『サシバ(差羽)』タカ科方言名:ちんみー別名:オオオウギ英名:grey-faced buzzard 分布:東北地方以南生態:本州中部以北で繁殖し、インドネシアで越冬する渡り鳥   飛行時速は約40km   渡りは9月頃から始まる   国内では伊良湖、佐田岬、徳之島、宮古島に

続きを読む

『カエンボク(火焔木)』ノウゼンカズラ科方言名:別名:アフリカンチューリップ英名:fountain tree 原産:アフリカ生態:高さ8mの常緑高木   熱帯三大花木のひとつ   枝先の総状花序にチューリップに似た緋紅色の花を咲かせる   種子は薄い膜に包まれており

続きを読む

『ホソバブラシノキ(細葉ぶらしの木)』フトモモ科方言名:別名:ハナマキ、キンポウジュ英名:bottle  brush原産:オーストラリア生態:高さ2mの常緑低木   街路樹として明治中期に導入された   長さ15cmほどの穂状花序に、長く赤いオシベが目立つ花が咲

続きを読む

『ヒマワリ(向日葵)』キク科方言名:別名:ヒグルマ英名:sunflower 原産:北アメリカ分布:生態:高さ3mの一年生草本   観賞用、緑肥用として17世紀に導入された   太陽の動きに合わせて花向きが変わるのは成長期のみで、満開期は多くが東側を向いて咲く  

続きを読む

『トウゴマ(唐胡麻)』トウダイグサ科方言名:ちゃんだかし別名:ヒマ英名:castor bean原産:東アフリカ分布:生態:高さ2mの一年生草本   カラーリーフ観賞として栽培される   葉は直径50cm前後と大きく、赤色に色づく品種が多い   花序は総状で、上部に赤い

続きを読む

『フトユビシャコ(太指蝦蛄)』フトユビシャコ科方言名:別名:英名:分布:相模湾以南生態:サンゴ礁の潮間帯に生息   ガレ場に巣を作り、近所の隙間に隠れて過ごす   捕脚が太く大きく発達している   体色は茶褐色だが変異が著しい   体長10cm 引き潮の浅

続きを読む