mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

ぬ『セトイロウミウシ(瀬戸色海牛)』イロウミウシ科る『クラサキイロウミウシ(倉崎色海牛)』イロウミウシ科を『セスジミノウミウシ(背筋簑海牛)』サキシマミノウミウシ科わ『サラサウミウシ(更紗海牛)』イロウミウシ科か『スミゾメキヌウミウシ(墨染絹海牛)』

続きを読む

い『ミドリリュウグウウミウシ(緑龍宮海牛)』フジタウミウシ科ろ『オハグロツバメガイ(お歯黒燕貝)』カノコキセワタ科は『マダライロウミウシ(斑色海牛)』イロウミウシ科に『ハナミドリガイ(花緑貝)』ゴクラクミドリガイ科ほ『イガグリウミウシ(毬栗海牛)』イ

続きを読む

『ウミエラ(海鰓)』ウミエラ目方言名別名英名 sea pen分布 水深15mより深い砂泥底に生息   八放サンゴの一種で、唯一移動ができる   葉状体表面のポリプでプランクトンを捕食   夜行性   体長写真を見ても何だか分からないとは思いましたが、大好きな

続きを読む

『イソギンチャクエビ(磯巾着藻海老)』テナガエビ科方言名別名 シャチホコ英名 sexy shrimp分布 房総半島以南生態 サンゴ礁に生息   大型イソギンチャクの上や周囲で生活する   常に尾を上げている   イソギンチャクへの依存度は低く、イソギンチャクか

続きを読む

『ソリハシコモンエビ(反端小紋海老)』テナガエビ科方言名別名英名 rock cleaner shrimp分布 伊豆半島以南生態 岩礁に生息   隙間に隠れている   常に水中に浮いている   体は半透明で手脚が長く、紅白模様がある   他魚の寄生虫を食べる   体長3cm

続きを読む

『ハナミノカサゴ(花簑笠子)』フサカサゴ科方言名 あふぁ別名英名 red lionfish分布 相模湾以南生態 サンゴ礁、岩礁に生息   小魚が群れている岩陰などで静止している   体色の色彩は変異が多い   ヒレは有毒   目のそばに木の葉形の細長い角のような

続きを読む

うちなーほろほろ)紅型
2020年02月10日06:53

『ケショウフグ(化粧河豚)』フグ科方言名別名英名 map puffer分布 相模湾以南生態 サンゴ礁に生息   隙間に隠れている   体は丸味を帯びていて小さなトゲがあるが、めったに膨らまない   目のまわりに放射状の模様がある   体側の模様は不規則   食

続きを読む

うちなーほろほろ)針
2020年02月09日08:49

『イシガキダイ(石垣鯛)』イシダイ科方言名 がらさーみーばい別名 クチジロ英名 spotted knifejaw分布 房総半島以南生態 岩礁に生息   体型、習性ともイシダイに似る   釣りの対象だが、大型個体はシガテラに注意が必要   食用可   体長50cm当ポイン

続きを読む

『シロクラベラ(白鞍倍良)』ベラ科方言名 まくぶ別名英名 blackspot tuskfish分布 沖縄県以南生態 サンゴ礁に生息   砂轢底を好み、海底付近を泳いでいる   ベラ科の最大種   口で石をどかしエビやカニ等を食べる   食用可   体長1m沖縄三大高級魚

続きを読む

『ヒメゴンベ(姫権兵衛)』ゴンベ科方言名別名英名 coral hawkfish分布 小笠原諸島、和歌山県以南生態 サンゴ礁に生息   礁縁あたりでサンゴに乗りじっとしている   背ビレに糸状突起がある   体長17cmウミシダ観察と撮影をしていた脇で観察されていまし

続きを読む

『ウミシダ(海羊歯)』ウミシダ目方言名別名英名 feather stars分布 生態 局地から熱帯、深海から潮だまりのような浅瀬に広く生息   ヒトデやウニの仲間   潮通しの良い場所に巻き脚で掴まり、腕を広げてプランクトンを捕食   棘皮動物だが刺さず、かわ

続きを読む

『ハマジンチョウ(浜沈丁)』ハマジンチョウ科方言名 はまひるぎ別名 モクベンケイ英名 原産 インドシナ半島分布 熊本県以南生態 高さ2m常緑低木   マングローブに自生   総状花序に白い花を多数咲かせる   赤紫色の斑点が入る   沖縄県では、沖縄島、

続きを読む

『メヒルギ(雌漂木)とオヒルギ(雄漂木)』ヒルギ科方言名 うぷしき別名 リュウキュウコウガイ(メヒルギ)、アカバナヒルギ(オヒルギ)英名 red mangrove(メヒルギ),black mangrove(オヒルギ)原産 熱帯分布 (メヒルギ)屋久島以南、(オヒルギ)奄美大島以南生態 マ

続きを読む

『ジャノメアメフラシ(蛇の目雨降らし)』アメフラシ科方言名別名英名 sda hare分布 房総半島以南生態 沿岸浅瀬に生息   背面に暗褐色の網目模様と眼状斑がある   紫汁腺があり、危険を感じると多量分泌する   一日じゅう藻を食べながら移動している  

続きを読む

『ハマダイコン(浜大根)』アブラナ科方言名 はまでーくにー別名 英名 wild radish原産 地中海沿岸分布 北海道以南生態 高さ50cm二年生草本   海岸砂地に自生   ダイコンが野生化し矮小化したもので、通常は食用不可   花径4cm   花期2〜5月冬のビーチ

続きを読む