mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

『ハマボッス(浜払子)』サクラソウ科方言名 ぴんざぬあぶあぎー別名英名 原産 インド分布 北海道以南生態 高さ40cm二年生草本   海岸に自生   わずかに砂があれば生息可能   葉が120°でスパイラル状に展開し、太陽光を最大限に利用できる   台風で波

続きを読む

『オオハマボウ(大浜朴)』アオイ科方言名 ゆうな別名 ヤマアサ英名 beach hibiscus原産 熱帯アジア分布 屋久島以南生態 高さ7m常緑高木   海岸砂地に自生   アダン群落の後方で群生し、アダンとともに砂防、防風、防潮樹として重要な働きをしている  

続きを読む

『サトウキビ(砂糖黍)』イネ科方言名 うーじ別名 キビ、カンショ英名 sugar cane原産 ニューギニア分布生態 高さ3m多年生草本   ショ糖の原料作物   1600年代に導入   茎に含まれるショ糖は約20%で、沖縄県の基幹作物となっている   黒糖精製、バイオ

続きを読む

『ヘツカリンドウ(辺塚竜胆)』リンドウ科方言名別名英名原産分布 大隅半島以南生態 高さ60cm多年生草本   林内や薄暗い路傍斜面に自生   赤土がむき出しているような場所を好む   花弁は4〜5裂していて先端は尖る   色は白緑色で先端には紫色の斑点が

続きを読む

『ジャコウアゲハ(麝香揚羽)』アゲハチョウ科方言名 はびる別名英名 Chinese windmill分布 秋田県以南生態 森林内に生息   多くの亜種に分かれる   サナギで越冬する   雄は光沢のある黒、雌は茶褐色の翅をもつ   雄は腹部から麝香に似た匂いのフェロ

続きを読む

『アオミオカタニシ(青身陸田螺)』ヤマタニシ科方言名 おーるーなんちん別名英名分布 奄美大島以南生態 森林内に生息   樹上棲   体色は青磁色   殻は薄く半透明   奄美大島では絶滅したとみられる   殻径1.5cmこちらは美術品ですいつ見ても綺麗だ

続きを読む

『ルリタテハ(瑠璃立羽)』タテハチョウ科方言名別名英名 blue admiral分布 北海道以南生態 平地に生息   いくつかの亜種に分かれる   翅裏側は枯れ葉に擬態   翅表側は黒地に瑠璃色帯がある   幼虫の食草はサルトリイバラ等   翅開4.5cm芸術品だな

続きを読む

『コノハチョウ(木葉蝶)』タテハチョウ科方言名別名英名 orange oakleaf分布 徳之島以南生態 暗い森林内に生息   翅の裏側が枯れ葉に見える   翅を広げてとまる   沖縄県指定天然記念物   準絶滅危惧種   翅開5cm天然記念物さんに会いました翅を閉

続きを読む

『サルカケミカン(猿掛け蜜柑)』ミカン科方言名 さるかち別名英名原産分布 琉球列島以南生態 高さ80cm常緑半ツル性低木   海岸に近い石灰岩地に自生   5mほど横ばいに枝を伸ばす   茎に硬く鋭いトゲがある   雌雄異株   茎や根は民間薬として利用さ

続きを読む

『シラユキヤマタカマイマイ(白雪山高蝸牛)』ナンバンマイマイ科方言名別名英名分布 沖永良部島、沖縄島、沖縄島周辺離島生態 最近までオキナワヤマタカマイマイに含まれていた   殻の色彩や形に変異がある   沖縄県指定絶滅危惧粁燹  殻径2.5cm『ヤマ

続きを読む

『サンゴのカケラ』安和岳の山頂辺りに、たくさん転がっています山で(太古の)海に会う安和岳がある本部半島は中生代の地層で出来ています中生代本部層郡というそうで、「礫岩の石灰岩に含まれる化石は、古生代二畳紀(2億8千万年前)〜中生代三畳紀(およそ2

続きを読む

『ムサシアブミ(武蔵鐙)』サトイモ科方言名別名 ユハツ英名原産分布 関東地方以南生態 高さ50cm多年生草本   石灰岩質の湿った林床に自生   球茎があり、多数の根と芽がある   花は仏炎包につつまれていいると   仏炎包は暗紫色または白緑色で、袋状

続きを読む

『パパイア(蕃瓜樹)』パパイア科方言名 ぱぱやー別名 乳瓜の木英名 papaya原産 熱帯アメリカ分布生態 高さ10m常緑高木   栽培作物だが生えすぎていて利益率が低いため、現在はほとんどが自家用   雌雄異株   雌花は葉腋に単生し、雄花は細長い花柄に多

続きを読む

うちなーほろほろ)welfare
2020年01月15日06:50

『ヤギ』ウシ科方言名 ひーじゃー別名英名 goat分布 生態 食肉用家畜   紀元前7世紀頃に家畜化   粗食に耐える   日本本土では明治以降、沖縄ではそれ以前から飼育されてきた   体高80cmこちらも沿道道端『ひーじゃー』山羊販売用みたいです私は刺

続きを読む

『ミバショウ(実芭蕉)』バショウ科方言名別名 英名 banana原産 熱帯アジア分布生態 高さ2.5mの多年生草本   幹に見えるものは茎   生食と料理用は300種ほど   花は赤紫色の苞葉の隙間で咲く   花径1cm   花期周年まだ登山口にたどり着いていません

続きを読む

『カンヒザクラ(寒緋桜)』バラ科方言名 別名 緋寒桜英名 Taiwan cherry原産 中国分布 琉球列島以南生態 高さ5m落葉中木   サクラ原種のひとつ   現在は園芸種が野生化したものがほとんど   自生種は石垣島にのみさ残されている   花は桃紅色で下向き

続きを読む

『ヒラミレモン(平実檸檬)』ミカン科方言名 しーくわーさー別名 英名 原産 台湾分布 奄美大島以南生態 高さ5m常緑中木   山地自生   園芸果樹として栽培される   花は新枝の葉腋につき白色、果実は偏平で径5cmになり橙色に熟す   花径3cm   花期3〜

続きを読む

い『キベリクロスジイロウミウシ』ろ『モザイクウミウシ』は『ケラマミノウミウシ』に・ほ『コイボウミウシ』だそうですイントラさんは、思っていたほどはいなかったと言っていましたウミウシは、これから5月頃までがハイシーズン潜るたびに数が増えることで

続きを読む

『タイマイ(玳瑁)』ウミガメ科方言名 がらさーがーみー別名英名 hawksbill seaturtle分布 屋久島以南生態 サンゴ礁に生息   沿岸を回遊している   日本が生息北限   甲羅はべっこう細工の原料   絶滅危惧B   体長1m神山島ラビリンス と言えばカ

続きを読む

『カクレクマノミ(隠隅魚)』スズメダイ科方言名 いぬびー別名英名 common anemonefish分布 奄美大島以南生態 サンゴ礁のセンジュイソギンチャクやハタゴイソギンチャクと共生   イソギンチャクへの依存度が高い   明るいオレンジ色の身体に白い太線が3本

続きを読む

『ヒメシャコ(姫硨磲)』  ザルガイ科方言名 あじけー、ぎーら別名 扇貝英名 giant clam分布 小笠原諸島、琉球列島以南生態 サンゴ礁、岩礁に生息   シャコ貝の最小種   栽培漁業の対象   シャコ貝類の中で最も太陽光を必要とするため、浅

続きを読む

『ロクセンスズメダイ(六線雀鯛)』スズメダイ科方言名 あやびかー別名英名 scissorstail sergeant分布 伊豆半島以南生態 サンゴ礁、岩礁に生息   体側に4本尾に2本の黒線が入る   人になつきやすく、餌付場で大群をつくり待っていることがある   体長15

続きを読む