mixiユーザー(id:25670665)

日記一覧

い『キイロイボウミウシ(黄色疣海牛)』ろ『コイボウミウシ(小疣海牛)』は『フリエリイボウミウシ(振襟疣海牛)』イボウミウシ科

続きを読む

『ハリセンボン(針千本)』ハリセンボン科方言が:あばさー別名:英名:porcupine fish 分布:秋田県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   単独で行動しており、テーブル状サンゴの下などでじっとしていることが多い   幼魚は群れて水面近くを泳ぐことがある  

続きを読む

『テングカワハギ(天狗皮剥)』カワハギ科方言名:別名:英名:orange spotted filefish 分布:和歌山県以南生態:サンゴ礁に生息   サンゴへの依存度が非常に高い   通常はペアで行動するが、若いうちは数尾で群れている   体色は青緑色、体側にオレン

続きを読む

『クモウツボ(雲靭)』ウツボ科方言名:別名:スノーフレーク英名:starry moray 分布:小笠原諸島、高知県以南生態:サンゴ礁に生息   岩などの隙間でじっとしている   性質は温和   体色は淡黄色、褐色の横縞模様がある   体長60cm 春になると、潮がひい

続きを読む

『フタスジタマガシラ(二筋玉頭)』イトヨリダイ科方言名:じゅーまー別名:英名:birdled spine cheek 分布:和歌山県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   砂礫帯を好む   体色は銀色、背ビレにかけては濃紺、縁取られた白線があり、背中に黄色の線がある   釣

続きを読む

『ヌノサラシ(布晒)』ヌノサラシ科方言名:別名:英名:soap fish 分布:三重県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   臆病で、岩の隙間などに隠れていることが多い   皮膚に粘液毒がある   体色は黒、幼魚は体側に淡黄色の縦先が多数あり、成魚は線が点線になる

続きを読む

『ムレハタタテダイ(群旗立鯛)』チョウチョウウオ科方言名:別名:英名:fales moorish idol分布:相模湾以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   本州では死滅回遊魚   潮通しの良い場所で群れる   体色は白、体側に黒帯が2本あり、エラは黄色   背ビレの一部が

続きを読む

『ミツボシクロスズメダイ(三星黒雀鯛)』スズメダイ科方言名:くるびらー別名:英名:threespot dascyllus 分布:房総半島以南生態:サンゴ礁に生息   幼魚はクマノミ類とともにイソギンチャクに共生する   成魚はイソギンチャクから離れて根の周囲で大群をつ

続きを読む

『ヒレナガネジリンボウ(鰭長捻りん坊)』ハゼ科方言名:別名:ハタタテネジリンボウ英名:black rayed shrimpgoby 分布:相模湾以南生態:サンゴ礁に生息   水深20m以深の砂地に巣穴をもち、コトブキテッポウエビと共生する   体色は白、体側に黒い斜線が

続きを読む

『トウアカクマノミ(頭赤隅魚)』スズメダイ科方言名:いぬびー別名:英名:saddle back anemone fish 分布:琉球列島以南生態:サンゴ礁の内湾に生息   イボハタゴイソギンチャクと共生   体色は暗褐色やオレンジ、顔はオレンジ色   頭部と身体後背面に大き

続きを読む

い「カクレクマノミ(隠れ隅魚)」ろ「ハマクマノミ(浜隅魚)

続きを読む

『ハゼラン(爆蘭)』ハゼラン科方言名:いちずる別名:サンジソウ英名:coral flower 原産:熱帯アメリカ生態:高さ30cmの一年生草本   明治頃に渡来した観賞用花き   花は円錐花序につく   午後の2〜3時間だけ開花する   繁殖力が強く、野生化したものが繁

続きを読む

『ムラサキアリアケカズラ(紫有明蔓)』キョウチクトウ科方言名:別名:英名:purple allamanda原産:ブラジル生態:高さ2mのツル性常緑低木   花は大輪で、紫色の筒状   3日ほどで萎むが、間断なく咲き続ける   花径10cm    花期通年ほとんどの花が萎

続きを読む

『クラリンドウ(くら竜胆)』クマツヅラ科方言名:別名:タガヤサン英名:bridal 's veil、grape vanilla原産:インド、ヒマラヤ生態:高さ2mの常緑低木   花は直径30cmの 円錐花序に30輪ほどつく   花序は下垂し、蕊の長い白花が咲き下がる   萼の赤色との対

続きを読む

『シラン(紫蘭)』ラン科方言名:別名:英名:hyacinth orchid 原産:東アジア分布:本州以南生態:高さ50cmの多年生草本   日当たりの良い湿潤地に自生   地生ラン   地下に鱗茎がある   葉はシュロに似ている   花は茎に5輪ほどつき、下弁には多数の襞が

続きを読む

『タイワンレンギョウ(台湾連翹)』クマツヅラ科方言名:別名:デュランタ、ハリマツリ英名:golden drop,pigeon berry 原産:中南アメリカ、西インド諸島生態:高さ3mの常緑中木   明治中期に導入された景観樹   生け垣などに利用される   枝には鋭いトゲが

続きを読む

『テイキンザクラ(提琴桜)』トウダイグサ科方言名:別名:ナンヨウザクラ英名:spicy jatropha原産:西インド諸島生態:高さ3mの常緑中木   花は集散花序につく   蕊は軽くカールしている   赤花とピンク花がある   花径3cm    花期3〜11月

続きを読む

『タチノウゼン(立凌霄 )』ノウゼンカズラ科方言名:別名:キンレイジュ英名:yellow bells原産:北米、中米、西インド諸島生態:高さ3mの常緑中木   花は総状花序につく   盛花期にはひとつの花序に約50輪を咲かせる    花径5cm    花期3〜5月、9〜

続きを読む

『ニトベギク(新渡戸菊、膨柄菊)』キク科方言名:別名:コウテイヒマワリ英名:Mexican sunflower 原産:中央アメリカ生態:高さ3mの多年生草本   明治末期に導入   茎は直立し時に木質化して低木状になる   宿根性   花序柄が膨らむ   花径15cm  

続きを読む

『ダンダラテントウ(段駄羅天道)』テントウムシ科方言名:ぐすーまやぐゎ別名:英名:ladybird分布:日本各地生態:南方系テントウムシの一種   日当たりの良い草地や畑などで活動する   体色は黒、羽根に赤い紋が4つある   南方に生息するもののほうが赤紋

続きを読む

『ハマダイコン(浜大根)』アブラナ科方言名:はまでーくに別名:ノダイコン英名:wild radish原産:地中海沿岸分布:日本各地生態:高さ60cm の二年生草本   海岸砂地自生   茎は細く、斜上して分岐する   花は総状花序につく   花弁は倒卵形で淡紅紫色  

続きを読む

『ツルナ(蔓菜)』ツルナ科方言名:はまなー別名:ハマヂシャ英名:New Zealand spinach 分布:日本各地生態:高さ60cmの多年生草本   海岸砂地自生   海浜の有機物が堆積している所に生える   葉茎は肉質で、茎は匍匐する   葉表面には表皮細胞による粒状

続きを読む

い『センテンイロウミウシ(千点色海牛)』イロウミウシ科ろ『ヒョウモンツバメガイ(豹紋燕貝)』カノコキセワタ科は『タスジキヌハダウミウシ(多筋絹肌海牛)』キヌハダウミウシ科に『

続きを読む

『アカボシウミウシ(赤星海牛)』キヌハダウミウシ科方言名:別名:英名:分布:東京湾以南生態:砂礫底に生息   身体は柔らかな半透明の白色で、オレンジ色の斑点がある   ウミウシ類を丸飲みする   体長2cm 時計を見たら、船に戻らなければならない時間にな

続きを読む

『タツノイトコ(龍の従兄弟)』ヨウジウオ科方言名:別名:英名:bastard seahoese分布:相模湾以南生態:岩礁に生息   尾ビレで何かに掴まり海草に擬態している   体色は暗褐色で、ヒレはやや赤みを帯びる   体長10cm 同じボートに乗っていた別チームの二人

続きを読む

『ナマコマルガザミ(海鼠丸蝤蛑)』ガザミ科方言名:別名:英名:seacucumber crab 分布:相模湾以南生態:沿岸に生息   ジャノメナマコ、クロナマコ、トラフナマコ等と共生   ナマコの口内や肛門内、腹側にいる   宿主の体色に合わせて自身の体

続きを読む

『マダラハタ(斑羽太)』ハタ科方言名:ゆだやーみーばい別名:英名:camouflage grouper分布:鹿児島県以南生態:サンゴ礁、岩礁に生息   サンゴ礁の根元や岩穴にいることが多い    体色は茶褐色、体表に白い斑模様がある    模様は感情により濃淡

続きを読む

いろんなことにちょとつもーしん猪ダッシュ(走り出す様)

続きを読む