mixiユーザー(id:25670665)

2021年04月13日21:11

57 view

スノーケリング に行ってきた

快晴大潮で海遊日和(うみあそびより)でした月(顔つき)こんばんは

まん延防止措置中だけどm(_ _)mこっそり?行ってきちゃったm(_ _)m
言い訳するなら、スクーバダイビングは不要不急だけどスノーケリングは必要なので
…至急ではないのだけれど

春のイノーは穴場です
イノーってのは沖縄方言
サンゴ礁に守られたプールのようになっている場所のこと(写真3)
潮が引くと沖にサンゴ礁の縁が現れて白波が立ち、外洋と区切られたら、その内側がイノー

春は泳ぐ人が少ない→イノーほぼ一人占めウインク
人が少ない→魚が逃げたり分散しない→魚影が濃い…稚魚も多い
数が多いから安心なのか、ヒトを見たり怖い経験をまだしていないのか、警戒心も薄め→静かに泳げば…または泳がずにいれば、魚達がわらわらと動き回るのを見られます
水温もそこそこぬるくなっているので、(冬なら2時間が限界ですが)3時間くらいいけるぞexclamation ×2


ということで、
今日は4時間わーい(嬉しい顔)ずっと海水に浸かっておりました
すんげー楽しかった💕

やっぱり
潜って遊ぶスクーバダイビングより、
イノーでスノーケリングするほうが好きだわぁ顔(笑)

明るいのが何よりで、
魚のカラフルさが堪能できます
海藻やサンゴも、ものすごくカラフルに見えるし、ほぼ竜宮城ぴかぴか(新しい)

撮影しようとすると「明る過ぎて」逆に狙えないという難点はあるけど、
写真を撮るために行っている訳ではないので、私には問題なし手(OK)


この20年間
欠かさず遊び続けてきました
壊滅したと思っていたエリアのサンゴが少しずつ成長をしています
素晴らしいパワーぴかぴか(新しい)

一方、
特にマイクロアトールを作っているハマサンゴ達の多くが、藻に覆われていました
昨年まで、全く見たことのない光景です
ハマサンゴは、大好きハートなイバカンの住みかなのでほえーむちゃくちゃ心配

足の踏み場も無いくらいびっしりだったサンゴ群落エリアは、復活することはなさそう涙
今生きているサンゴ達がこれ以上踏まれたりせず(釣り人気エリアなので)生きてくれることを、神様に願うほかない状態です




5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する