mixiユーザー(id:25670665)

2018年07月17日05:58

102 view

うちなーほろほろ)可愛いだけでは生きていけない

フウラン(風蘭)
ラン科

方言名:
別名:
英名:

原産:日本
分布:紀伊半島以南

生態:高さ20cm の多年生草本
   着生ラン
   うどん程の太さがある根で樹木などに着く
   花は純白で5弁で、やや反り返る
   花下には長い距がある
   芳香あり
   富貴蘭の原種
   絶滅危惧
   花径2cm
   花期6〜7月


道端の大木に着生しているのを見つけました

『フウラン』は風に揺れる蘭で、やや風通しの良い所で咲きます
太い根で幹をしっかりと掴んでいました
これなら、台風でも飛ばされないね〜指でOK


あまりに堂々と着生していたので、誰かが取り付けたのかもしれません
古くから人気のある蘭です
江戸時代から改良がなされ、今や『フウラン』より、改良種の富貴蘭のほうがメジャーなのではないかと思います


着生ランは幹や分岐部やウロなどに着生します
熱帯では、タニワタリのような着生シダ類の上に着生していたりもします
着生植物の上に着生すれば、水分と栄養分には困らないから、生存戦略としては優秀な選択だと思います

着生ランのほとんどは小さく可愛らしい花ですが、生き残り術は強かです



3 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 06:44
     これは見た事が無いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 07:04
    すごい寄生力こぶですね。
    風に揺れる蘭を見てみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 08:03
    造形美ですな目
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 09:08
    おはようございます

    こんなに逞しいのに
    絶滅危惧ですか〜(-o-;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 12:00
    種が風に飛ばされ着生するのか、それとも地上で育ち、苗のときに人手で着生さすのか、どちらなんでしょう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 19:09
    > mixiユーザー 
    こんばんは

    ラン専門の花屋に行けば見られるかもしれません
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 19:09
    > mixiユーザー 
    こんばんは

    太い根に逞しさを感じます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 19:10
    > mixiユーザー 
    こんばんは

    自生の原種ランは小さくて儚げですが、改良品種にはない美しさがあります
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 19:14
    > mixiユーザー 
    こんばんは

    レッドデータの脅鏤慊蠅覆里如∧置しとくと絶滅しちゃうかもしれないよーのレベルです
    ヒトは、擬錣忙慊蠅気譴討ら慌てることが多いです
    それでは時すでに遅し
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月17日 19:24
    > mixiユーザー 
    こんばんは

    野生の場合は、種子から発芽ですが、
    ラン科の種子はミクロサイズだし、どこかに落ち着いても自身の発芽能力はかなり低いので、共生菌類の存在が必要(だったはず…)
    ランを種子から人工栽培するのはエライ大変らしいです

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する