mixiユーザー(id:25356374)

2013年08月31日02:52

103 view

2013-08-28_小渕湖〜しらびそ峠〜下栗の里

初日→2013-08-27_伊那市〜美和湖〜分杭峠〜田切〜下山ダッシュ〜飯田
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1910795149&owner_id=25356374

 朝焼けの中出発。時間のせいか、場所のせいか、涼しくて気持ちがいい。もう夏も終わりなんだなと実感する。
フォト
 大きめの県道をつなぎ、変に裏道を通らないで北上。まだ早いので道は空いている。多少のアップダウンはあるもののほぼ平坦な道のりで小渕湖まで進む。湖周辺はトンネルが多くライトはつけっぱなしに。展望はあまり良くないが木の合間から見えるダムは大きくお城のよう。
フォト
 大鹿村にはいり国道192号線(秋葉街道)を南下しつつ徐々に高度を上げていく。
 小渋川に架かるコンクリート製ローゼ橋はなかなかの撮影ポイントだった。
フォト
 途中、通学中の小学生を見た。この辺は雪が多そうだし、冬休みが長くて夏休みはもう終わっているのだろう。
 地蔵峠までは人里を離れ、ひたすら登り、この区間が結構傾斜がきつく感じられて辛かったが、木陰が多く熱さはそれほど感じない。展望はあまりなく、地蔵峠までが登り区間のちょうど中間点位だが、きつさを感じた。
フォト
 その先は国道が分断されていて蛇洞沢林道というらしい。こちらは展望がよく、写真を取るために足が止まる機会が増えた。峠についてから昼食にするつもりだったが、朝食の時間が早かったためにもうお腹が空いてきていたので、途中でハイドレーションの残りの確認も含めて休憩しようと思ったが、景色のいいところは道が狭く、なかなかいい場所が見つからず、しばらく空腹を感じながらの登りになったのと、一旦100m弱下って登り返すところがあったのが精神的にきつかった。
フォト
 峠の手前が日差しが強くなり傾斜もきつかったがなんとかしらびそ峠に到着。看板の前で写真を撮る。車が何台か止まっていたが、きちんと脇に寄せて止めていてくれたので良かった。以前別の峠ではわざわざ看板の前に駐車している車がいた事があった。
フォト
フォト
 眺めがよく疲れが吹き飛ぶ。獲得標高1500mよりも、40匐瓩登りっぱなしというのが大変だったと、過去形のように思っていたら実はピークのしらびそ高原がまだ1夘弦盧100mほど上で、心が折れてほとんど押して進んだ。
 ハイランドしらびそは山荘かと思っていたら立派なホテルで、車での観光客ならば割りと気軽に来れるところみたいだ。缶ジュースが150円というのも、自転車では大変でも車なら簡単に行き来できるということなのだろう。200円までなら、甘いモノを飲もうと思っていたので、コーラを飲んだ。ハイドレーションはまだ、半分以上残っていたが走っている時は確認ができず、常に残りを気にしながらというのが精神衛生上良くない気がする。
フォト
フォト
 少し散策して下りの始まり。南アルプスエコーラインというらしいが、御池山隕石のクレーター跡を横切っているというが、何万年も前のことらしいので緑に包まれクレーターという感じはしないし、どこがそうなのかもよくはわからなかったが、景色は良かった。
フォト
フォト
 苦労して登ってきたが、下りはやはり速く、ブレーキを握る指が疲れながらも快調に飛ばし、下栗の里の展望地点に到着。てっきり道路沿いから見れるのかとおもいきや、山道(という程ではないがロードクリートだとちょっと無理)を看板によると片道15分ほど歩かなくてはいけないとのこと、せっかくなので、自転車をガードレールにロックして歩くことにした。
 去年辺りから、山歩きはむしろ、自転車で走るより得意な分野になっているので踏み固められた土の道は、まったく苦労にはならず、実際には10分もかからず到着。けっこう人は多く、山道で苦労している年配の人が沢山いた。が、苦労してでも見る甲斐のある景色だと思った。急な斜面に家が建ちつづら折りの道が通っている。日本のチロルというらしいが、チロルが何かはよく知らなかったが、とにかく、うおーすげえなあが、感想。
フォト
フォト
 里をバイクが登って来ているのが見え、向こうは気づいていないだろうが手を振っている人がいたので、一緒に手を振った。予定ではそちらにはいかずまっすぐ国道152号線まで降りる予定だったが、里を通って降りて行く事にした。
フォト
 里を通過し、振り返って展望場所を探したがどこか見つからなかった。というか、里の外は山ばかりで本当に秘境なんだなと思った。
 国道152に出る林道は工事をしているらしく、一時間おきに通過できる時間と通行止めの時間を分けていると看板にあり、時間通りだと15分くらい足止めを喰らうかと思ったが、工事のおじさんたちは休工時間前にもかかわらず地面に座ってタバコを吸っており、問題なく通過できた。
 明石峠を越えて飯田までもどってもなんとか終電に間に合いそうだったが、焦らないといけないのは嫌だし、なにより登りはもうお腹いっぱいだったので南下して平岡駅を目指すことにした。
 平岡までだとずっと下りで10劼曚鼻途中、和田宿というところを通過。お城があったり神々の棲む里といって、神様の顔のオブジェがあったりした。機会があったらゆっくりしたい。
フォト
フォト
 平岡には16時ころ到着。駅には大きな売店と宿泊施設が併設。特急の停車駅でもあるらしく旅行の拠点にもできそう。16時40分頃の特急で豊橋まで、そこから新幹線で家までは21時前に到着。特急とタイミンがあったのがラッキーで、予定よりだいぶ早く帰着できた。
フォト
フォト
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年08月31日 20:47
    しらびそ一度行きましたが、大好きな峠のひとつです。やっぱいいですね〜。
    また行きたいな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2013年08月31日 22:13
    R192情報ありがとうございました。
    とりあえずこんな感じで妄想しています。
    day1: http://yahoo.jp/eP_wYb
    day2: http://yahoo.jp/HF8HyK

    飯田駅は終電早いですねぇ。。
    もう一泊して浜松まで走るのもアリかなと。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する