mixiユーザー(id:25356374)

2013年08月17日22:27

75 view

2013-08-15_碓氷川CR〜碓氷峠〜佐久平〜龍岡城五稜郭〜小海

高崎出発、碓氷川CRは景色の変化があって楽しい。前方にそびえる妙義山も見事で次第に近づいてはっきり見えてくる。
峠道に入る間に碓氷の関所跡があり。見物後、登りの始まり。
この日も暑く日陰がなく辛かったので、登り始めて早々だが、碓氷湖の木陰で休憩を取る。
峠道に入ると日陰が多くなり走りやすい。思ったより車も少ない。ロードのほうが多いくらいだ。路面も整備されており走りやすい。勾配も穏やかな感じだ。
フォト
鉄道遺構は一番大きなめがね橋以外にも、次々と現れ、その都度足を止めて写真を撮るが、それが休憩代わりにもなり、順調に進み峠到着。峠には沢山のローディーが溜まっていた。登って来てまた引き返すのだろうか?
軽井沢に下ると、大通りは渋滞で排気ガスがすごかった。気温も掲示板によると29度、避暑に来るにはどうか?という感じ。早々に通過する。
中心地を抜けると静かな風景に戻る、遠くに見える浅間山を背に南下、旧中仙道の小田井宿を通過する。古い町並みが続くが人はいない。ゆっくり過ごすならば、軽井沢のような大型観光地よりこういったところの方が落ち着けそうだ。
佐久平を通過し、小海線沿線を走る。電車の車窓から、機会があれば走ってみたいとずっと思っていたエリアだ。
基本的には田んぼの中の田園風景が続き、観光スポットは殆ど無い。
フォト
旧中込学校と、その隣の公園のSL、秩父事件の記念碑は立ち止まって写真を取っただけだが、龍岡城五稜郭は良かった。天守閣こそはないが、(今は小学校になっている)小さいながらも星形の堀の周りを歩ける。五稜郭は日本では函館とここのみらしい。
小海駅まで走り輪行で帰宅。新幹線は座れなかったが、最前部のデッキで壁に寄りかかっていられたので苦ではなかった。
メモ:小海線沿線は大通りにはコンビニも多く補給は困らない。ただし小海駅の併設のスーパーでは、つまみは手に入るが酒類が置いていない。少し手前に酒屋とデイリーヤマザキがあるが、輪行前だとビールが温まりそう、輪行後だと歩いて買いに行くにはちょっと遠い。考えものだ。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する