mixiユーザー(id:25251822)

2020年08月30日13:11

20 view

映画「幸せへのまわり道」



ストーリー
雑誌記者のロイド・ボーゲルは、家庭を顧みなかった父を憎み絶縁していた。ある日、ロイドは人気司会者フレッド・ロジャースの記事を書くため、取材で彼を尋ねる。フレッドはひと目見ただけでロイドの葛藤や問題を見抜き、その日からふたりは交流を深めていく。

出演 トム・ハンクス、マシュー・リス、クリス・クーパー、スーザン・クレチ・ワトソン
監督 マリエル・ヘラー

トム・ハンクスが出演するということで、興味を持ちの鑑賞。
実話に基づいた作品。

一人の男性が取材先で知り合った男性と出会い、それによって人生観が変わる、という展開が凄く良かった。
フレッド・ロジャースは流石子供番組を手掛ける人気者だけあって、ロイドの葛藤や問題を即座に見抜く、観察眼が優れた人物だなぁ〜。
ロイドにしてみれば、当初は戸惑ったことだろう。
そんなロイドの心を解きほぐすところが、丁寧に描かれていた。

それに、ミニチュアをふんだんに使用したシーンが多用され、それがかえって、新鮮味を感じたほどだ。
トム・ハンクスの出演は少なかったものの、しっかりと大きな存在感を感じた。

テーマ「感情と向き合う大切さ。許すこと」が全面に押し出されていたのも、好感触。
中々優れた人間ドラマで、鑑賞して良かった。
大変有意義な作品だった。
オススメ。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する