mixiユーザー(id:25251822)

2020年03月22日09:48

21 view

小説「屍人荘の殺人」今村昌弘

フォト

あらすじ
神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、同じ大学の探偵少女、剣崎日留子とペンション紫湛荘を訪れる。
しかし想像だにしなかった事態に見舞われ、一同は籠城を余儀なくされた。
緊張と混乱の夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。
それは連続殺人の幕開けだった!

〇〇〇が絡むというのが面白い。
〇〇〇のせいで籠城を余儀なくされるというのが良いポイントだと思う。
彼らにとっては、恐怖以外の何物でもなかっただろう。
上手くミステリとしてはまっているところが良いなぁ。
再読に耐えうるとはこのことか。
大変面白かった。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する