mixiユーザー(id:25251822)

2018年08月30日18:45

61 view

小説「時計館の殺人 上」綾辻行人

フォト

あらすじ
鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。
角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の”取材班”の一員としてこの館を訪れる。
館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。
閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!

オカルトが絡むと俄然怪しさを増す。
ミステリとオカルトは相性が良いように思えてならない。
しっかりと詠ませる館で、先が気になるとページを進む手が止まらなかった。
さて、下巻が楽しみだ。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月30日 22:20
    ボロミアさん まさかの時計館未読?
    再読ですよね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月30日 23:43
    > mixiユーザー 

    再読ですよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する