mixiユーザー(id:25251822)

2018年08月30日03:48

63 view

映画「レディプレイヤー1」



ストーリー
2045年の近未来。街は荒廃が進み、バーチャル世界“オアシス“だけが若者たちの希望となっていた。ところがオアシスの開発者が亡くなり、オアシスを支配しようとする巨大な組織が現れる。17歳のウェイドは、仲間と共に世界を守るため戦いを繰り広げる。

出演 ダイ・シェリダン、オリヴィア・クック、森崎ウィンほか
監督 スティーヴン・スピルバーグ

巨匠スピルバーグが手掛けるのはVRリアリティが普及した近未来だ。
VRリアリティの特色をよく表現してくれているので、「こういう未来もあるかも!?」という妄想を抱かざるをえない。
冒頭のオアシスの世界観のシーンは凄く惹き込まれたほどだ。

特徴であるポップ・カルチャーごった煮で、目の保養になると同時に、テンションが上がってしまう。
特にガンダムのシーンはワクワクしたほどだ。
「俺はガンダムで行く」名アドリブと言ってもよい。

恋・友情・悪との戦い・・・・・。
心躍るとはこの事だ。

最後の試練の引っ掛けに気付くウェイドは流石だな、と思った。
だからこそ、ダイトウなどに好かれたのだろう。

実はこの作品、深いテーマが描かれている。
「仮想世界を楽しむのはいいけれど、現実をしっかり直視して生きよ」と言うのがテーマ。
だからこそ、共感を呼びやすいのだ。

この作品はある意味王道かもしれない。
でも王道だからこそ、鑑賞者の心を掴むのに十分だ。

ポップ・カルチャー好きならば、間違いなく楽しめる傑作だ。


1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月30日 12:28
    原作ではウルトラマンがメカゴジラと戦うんですよね〜☆
    「円谷プロは前向き」とニュースになっていたので期待していたのですがるんるんやっぱり権利関係は難しかったようで、ちょっとざんねんでしたあせあせ(飛び散る汗)
    その替わりのガンダムはもちろん嬉しかったですよぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月30日 12:42
    > mixiユーザー 

    ガンダムは日本のヒーローですものね。
    それにしても、よくガンダムの権利取れたなぁ、と思いましたね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する