mixiユーザー(id:25251822)

2018年08月23日01:36

45 view

映画「アザーズ」



ストーリー
1945年、日光アレルギーのふたりの子供とカーテンを締め切った広大な屋敷で暮らす人妻グレースは、3人の使用人を雇う。だがその日から、屋敷内で怪事件が続発。やがてグレースは子供たちから、見えない“誰か”の存在を知らされ・・・・。

出演 ニコール・キッドマン、フィオヌラ・フラナガン、クリストファー・エクルストンほか
監督 アレハンドロ・アメナーバル
製作総指揮 トム・クルーズ

ニコール・キッドマンの美貌がひときわ輝く本作。
矢張り、キッドマンはこういう役柄が似合うと再認識。
薄幸の美女というオーラが出ているものね。

さて、本作はゴシックホラーである。
洋館という限定された空間で起こる怪奇現象。
よく表現されている。
それから曰くありげな使用人たちの言動が鑑賞者を惑わす。
そして驚愕のどんでん返しが用意されている。
見方を変えれば、哀しいとわかるだろう。

味のある作品なので、お薦め。

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月23日 11:55
    初めて映画館で見た時は、とにかくヒステリックなニコール・キッドマンが恐かったげっそりバッド(下向き矢印)
    館は昼間でも霧に覆われ、内部も遮光カーテンのせいで朝も昼も真っ暗…………なんて、何か出なくてもそれだけで充分ホラーだと感じました(>_<。)あせあせ(飛び散る汗)
    最後の種明かしは、今見てもまたビックリしそうです☆
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年08月23日 13:19
    > mixiユーザー 

    確かにヒステリックでしたね。
    暗がりの演出はよく出来ていましたよね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する