mixiユーザー(id:25251822)

2018年03月21日18:13

58 view

小説「二都物語」チャールズ・ディケンズ

あらすじ
フランスの暴政を嫌って渡英した亡命貴族のチャールズ・ダーネイ、人生に絶望した放蕩無頼の弁護士シドニー・カートン。
二人の青年はともに、無実の罪で長年バスティーユに投獄されていたマネット医師の娘ルーシーに思いを寄せる。
折りしも、パリでは革命の炎が燃え上がろうとしていた。
時代の荒波に翻弄される三人の運命やいかに?

この作品は、ノーラン監督作「ダークナイトライジング」に実は関係している。
どういう事かというと、ノーラン自身が脚本の構想元になったと発言していたから。
それも納得。
あらすじをよく読んで欲しい。
ほら気付くと思う。

圧巻である。
その本作の構想にである。
なんて凄いものを書かれたのか、とひれ伏したくらいだ。
読みながら、旧き世に想いを馳せていた―ー。
そして今、私の胸には充足感が満たされている。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する