mixiユーザー(id:25251822)

2018年03月21日09:38

52 view

小説「奈良まちはじまり朝ごはん2」いぬじゅん

あらすじ
奈良のならまちにある『和温食堂』で働く詩織。
紅葉深まる秋の寒いある日、店主・雄也の高校の同級生が店を訪ねてくる。
久しぶりに帰省した旧友のために、奈良名物『柿の葉寿司』を振る舞うが、なぜか彼は食が進まず様子もどこか変。
そんな彼が店を訪ねてきた、人には言えない理由とは――。

人と人の再会を丁寧に描いた本作。
再会っていいねって思えるような作品だった。
思いもかけない再会がスタートになったりするから感慨深い。
絆がそこには存在するから。
このシリーズ何だかホッコリして良いな、とも思った。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する