mixiユーザー(id:25251822)

2017年11月29日04:48

347 view

小説「70年分の夏を君に捧ぐ」櫻井千姫

フォト

あらすじ

2015年、夏。
東京に住む高2の百合香は、真夜中に不思議な体験をする。
0時ちょうどに見ず知らずの少女と謎の空間ですれ違ったのだ。
そして、目覚めるとそこは1945年。
百合香の心は、なぜか終戦直前の広島に住む少女・千寿の身体に入りこんでいた。
一方、千寿の魂も現代日本に飛ばされ、70年後の世界に戸惑うばかり・・・・・。
以来毎晩入れ替わるふたりに、やがて、運命の「あの日」が訪れる――。

「平和」この著作のテーマである。
「平和」を自分なりに考えて物語にする、と言う作家は中々いないだろう。
なので、かなりこの作家の思考が興味深い。
確りとした文章で、確りとした考えを物語に託す――。
素晴らしき作家である。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する