mixiユーザー(id:25251822)

2017年11月25日22:40

61 view

小説「お隣さんが殺し屋さん」藤崎翔

フォト

あらすじ

専門学校入学のために田舎から上京した美菜は、隣人に挨拶することに。
お隣さんの雄也はどこか陰のある長身の青年で、美菜は好意を抱く。
一方、雄也は美菜にある物を見られ動揺する。
それは一発の銃弾だった。
雄也はそれを使った「仕事」を思い出す。
ある弁護士を闇に葬った、恐るべき出来事を。
さらに雄也の今度の仕事場は、美菜が通う専門学校で・・・・。

藤崎さんの新作。
何の変哲もない物語かと思いきや!!!!!
実は大仕掛けが施しており、それが面白すぎるexclamation ×2
この人才能がありすぎだ。
最早脱帽ものだ。

もうこの人の新作が出るたびに「どんな作品なのだろう」とワクワクするくらい、はまっている作家だ。

かなりお薦めの作品。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する