mixiユーザー(id:25251822)

2017年11月22日08:06

319 view

小説「逃亡刑事」中山七里

フォト

あらすじ

千葉県警の警察官が殺された。
捜査にあたるのは、県警捜査一課で検挙率トップの班を率いる警部警部・高頭冴子。
陰で<アマゾネス>と呼ばれる彼女は、事件の目撃者である八歳の少年・御堂猛から話を聞くことに。
そこで猛が犯人だと示したのは、意外な人物だった・・・・・。

中山さんの新作。
結構コンスタントに出される作家だな、と感心した。
だって、つい先日「アポロンの嘲笑」の文庫が出たばかりだからだ。

物凄く面白い。
まさか敵が・・・・・だとはね。
こういうことって、実はありえるかも?と現実を疑ってしまったり(苦笑)
そして、痛快な展開が待っていたりと、非常に充実した作品だった。
弱者の恨みは相当だな、とさえ思う。

中々止められなくて、一気読みしたほどなので、お薦めである。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する