mixiユーザー(id:25251822)

2017年11月22日01:53

93 view

映画「ヒックとドラゴン」



ストーリー

遠い遠い昔。海の向こうのバーク島では、バイキングが村を守るため、長い間ドラゴンたちと戦いを繰り広げていた。バイキングの少年、ヒックは族長の息子だが、ちょっと弱虫で、何をするにも邪魔者扱い。バイキングの掟では、ドラゴンを倒せる者のみが一人前と認められていたのだ。ある日、ヒックの前に傷ついて飛べなくなったドラゴンの“トゥース”が現れる。それは未だ誰も捕らえたことのない伝説のフューリー族のドラゴンであった。そんなドラゴンに近づくヒック。彼はトゥースに好物の魚を差し出し、お互いに警戒しあいながらも、少しずつその距離は縮まっていく。やがてふたりはこっそりと友情を築いていくが・・・・・・。

バイキング族の中では異質さを放つヒック。
彼は優しさの余り、どこか自信がない。
そんな彼がトゥースとの出会いにより、全てが変わってゆくのだ。
友情がもたらすものは途轍もない変化が生まれるんだな、としみじみ思った。
友情ものは丁寧なほど、感情移入しやすい。

ラストがこれ以上ないほど理想的で、とても印象深い。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する