mixiユーザー(id:25251822)

2016年02月29日21:02

182 view

小説「スイッチを押すとき」山田悠介

フォト

あらすじ
増加する若年層の自殺を防ごうと、政府による戦慄のプロジェクトが始まった。
心理データ取得のためにあえて自殺に追い込まれる子供たちを、監視員の洋平は救うことが出来るのか。

政府は何とおぞましい事をプロジェクトするのだろうか。
あえて自殺に追い込むのですから。
救いのない物語かと思いきや、ラストに待っていたのは開放でした。
束縛のない自由にーー。
ラストの文章が印象的でした。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する