mixiユーザー(id:25251822)

2016年02月28日09:44

1019 view

小説「カエルの楽園」百田尚樹

フォト

あらすじ
安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。
ある事件が起こるまではーー。

百田さんの最新作。
平和とは何か?を考えさせられます。
憲法9条の事や安保法案の事に関して、百田氏は思うところがあるのでしょう。
その事にも深く考えさせられます。
確かに最高傑作だと自負するのも分かりました。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する