mixiユーザー(id:25251822)

2016年02月26日19:42

185 view

映画「ハートロッカー」



ストーリー
2004年夏、イラクのバグダッド郊外に駐留するアメリカ軍。そこに所属する爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも、最も死を身近に感じながら爆弾処理を行うスペシャリストたちだった。ある日も、ブラボー中隊はいつものように爆弾処理を行っていたが、退避しようとしたその瞬間に爆弾が爆発。1人が殉職してしまう。その後、新しく中隊のリーダーに就任したのはウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)。だが彼は、基本的な安全対策も行わず、まるで死を恐れないかのように振る舞い、周囲を驚かせる。一瞬の判断ミスが死に直結する爆発物処理班の任務の中、補佐するJ・T・サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とオーウェン・エルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラディ)は、徐々にジェームズへの不安を募らせていく。彼は、虚勢を張るただの命知らずなのか、それとも勇敢なプロフェッショナルなのか。そんな男たちの思いとは関係なく、激しい戦闘が繰り返される日常は続き、爆弾処理の日々が過ぎていく。ブラボー中隊の任務明けまで、あと38日……。

監督キャスリン・ピグロー

オスカー受賞作品。
何とも言えない緊迫感が伝わってくる。
ジェームズ二等兵の緊張感のなさが逆に緊張感を煽ってくる。
公開当時、「アバター」か「ハートロッカー」の一騎打ちになっていたが、こちらが賞を取って当然ですよね。
「アバター」じゃ、メッセージ性がないですもの。

2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月27日 03:23
    夫婦対決でしたね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月27日 04:25
    > mixiユーザー 

    ええ、夫婦対決でしたねわーい(嬉しい顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する